マークトウェイン号にはレールがある?仕組みや燃料を徹底解析

マークトウェイン号にはレールがある?仕組みや燃料を徹底解析

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています


Pocket

ディズニーランドにある、豪華客船なのに気軽に乗れちゃう「マークトウェイン号」!

ゆめちゃん
マークトウェイン号はレールの上を走行しているのかな?
りくくん
仕組みや燃料はどうなっているんだろう?

魅力的なマークトウェイン号だからこそ、気になることが沢山でてきますよね。

こちらではマークトウェイン号にはレールがあるのか・仕組みや燃料はどうなっているのかを徹底解析していきます!

 

>>ディズニー映画を見てアトラクションをもっと楽しもう!<<Disney+ (ディズニープラス)| キャステル | CASTEL ディズニー情報

 


マークトウェイン号にはレールがある?

「蒸気船マークトウェイン号」の画像

引用:ディズニーリゾート公式サイト

ゆめちゃん
マークトウェイン号にはレールはあるのかな?
りくくん
乗船しているキャストさんはどんな役割を担っているのかな?

マークトウェイン号が運行するにあたってレールの上を走行しているのか、乗船しているキャストのはどんな役割があるのか気になった方もいらっしゃいますよね。

こちらでは、マークトウェイン号にはレールはあるのか、乗船しているキャストの役割を徹底解析していきます!

 

マークトウェイン号にはレールはある!

マークトウェイン号には、目視だと確認しづらいですがレールがあるんですよ!

レールがあることによって、運行のルートがブレることもなく走行できるのでゲストの安全も保てているんです!

また、いつ乗っても同じように景色を楽しめるようにもなっているんですよ。

ゆめちゃん
レールも目視で確認しずらくなっているのも、さすがディズニーって感じだよね!

通常の場合、客船が航行する海にはレールは引かれていないので、その世界観を守りつつゲストの安全や楽しみも守るといったところがディズニーならではの心遣いを感じられますよね。

うさスタント
水底にレールがありますが、それが走行ガイドになっていて、マークトウェイン号の動きを制御しています。

なので、いつ乗っても同じように楽しんだり、操作ミスのリスクもなくゲストの安全を守れるようになっているんですよ。

 

マークトウェイン号はレール上ではなく水面を走行している!

マークトウェイン号にはレールがあるのですが、そのレールの上を直に走行しているのではなくレールに沿って浮きながら水面を走行しているのです!

りくくん
だから実際に乗船しているときもガタガタした感覚がなかったんだ!

レールがあっても直にレールを走行しているわけではないので、感覚的にもアトラクションではなく豪華客船に乗っている感覚になれます。

ディズニーランドで本格的な豪華客船に乗れるなんて、夢みたいですよね!

 

マークトウェイン号のキャストは周囲観察・前進や後進を管理している!

マークトウェイン号は4階建ての客船になり、ゲストが入れるのは1~3階までになっています。

そのうち、1階のキャストは前進・後進、そして停止の管理を、4階の操舵室ではマークトウェイン号の運行を妨げるものはないかの周囲観察をしています!

ゆめちゃん
キャストさん達がきちんと安全確保してくれているから、私たちは安心して乗船できるんだね!

4階のキャストが観察し、航路に異常があると1階のキャストに連絡がいき、1階のキャストが客船を停止、または後進させたり徐行させたりしているのですよ。

うさスタント
簡単に言うと、1階のキャストさんがアクセルとブレーキのような役割をし、4階のキャストさんは司令塔のような役割になっています!

4階のキャストさんの様子を見ることは難しいですが、1階のキャストさんの操作する姿は基本的に出航・帰航時に見られるので、ぜひキャストさんのかっこいい姿を見てみてくださいね!

 

マークトウェイン号の仕組みや燃料を徹底解析!

「蒸気船マークトウェイン号」の出港を見送るキャストの画像

引用:ディズニーリゾート公式サイト

りくくん
マークトウェイン号の仕組みが知りたい!
ゆめちゃん
燃料はなにを使っているんだろう?

マークトウェイン号のことをもっと知りたくなった方もいらっしゃいますよね。

こちらでは仕組みや燃料はなにを使っているのかを徹底解析していきます!

 

マークトウェイン号は船舶として認められている!

マークトウェイン号は、船舶法に基づいて正式な船舶として認定されています

うさスタント
船内に4枚目のような、船体の情報が表記されているのですが、これこそが正式な船舶として認められている証明になっているんですよ!

 

また、船体に船名と船籍港を表記しなければならないという船舶法がありますが、きちんとマークトウェイン号も表記がされています。

小さいですが前方の下に「マークトウェイン」と表記されていますよね。

船籍港ですがマークトウェイン号の赤い外輪に「マークトウェイン 浦安市」と表記がされているので、ぜひ探してみてくださいね!

うさスタント
乗り場にマークトウェイン号の模型があるのですが、そちらにもきちんと表記がされています。

裏側の表記は実物だと外輪が動いていて見づらいこともあるので模型で観察をするのも楽しいですよ!

 

マークトウェイン号の燃料は軽油!

マークトウェイン号の原動力は「軽油」となっています!

以前は重油を使っていたのですが、環境配慮の為に軽油に変更されたようです!

りくくん
環境に配慮して、出来るだけリスクの低い軽油に変更したディズニーはやっぱりスゴい…!

ディズニーはいつでもどんな時でもゲストは勿論、世界中の人たちのことを考えているのが分かりますよね。このホスピタリティーに拍手を送りたいです!

そんな素敵な場所が日本にあるということも、とっても誇らしいですよね!

うさスタント
重油から軽油に変わっても、マークトウェイン号のパワーは変わらずに心地良いスピードで運行しています。

豪華客船としてのパフォーマンスもそのままキープしつつ環境配慮を実現させるなんて本当にあっぱれ!ですよね!

 

マークトウェイン号はどんなアトラクションなのか徹底調査!

夜景での「蒸気船マークトウェイン号」の画像

引用:ディズニーリゾート公式サイト

ゆめちゃん
もっとマークトウェイン号のこと細かく知りたいな!
りくくん
どこの階が一番楽しめるのか知りたい!!

マークトウェイン号のアトラクションとしての詳細を知りたくなった方もいらっしゃいますよね。

こちらでは、マークトウェイン号がどんなアトラクションなのかをご紹介していきます!

 

マークトウェイン号:基本情報

地図のイメージ

引用:ディズニーリゾート公式サイト

エリア ウエスタンランド
運行時間 10:00 ~ 19:25
所要時間 約12分
定員 475人

2024年1月時点

マークトウェイン号はディズニーランド開園当初からある人気のアトラクションです。

人気がある中でも、1度で475人もの人数が乗れるので、基本的に平日も土日も5~15分の待ち時間で乗船できます!

なので、ちょっとした合間時間にでも利用しやすいアトラクションになっていますよ。

うさスタント
次の予定まで30分~1時間空いてしまって、なかなか合間時間を有効活用できない時もあろますよね…

私自身もそういった時が多々あるのですが、そんな時はマークトウェイン号に乗船しています。

マークトウェイン号は待ち時間と所要時間を合わせても約30分以内におさまるので合間時間にはとてもピッタリなアトラクションなんですよ!

 

また、マークトウェイン号は時期によっては休止をしている場合があるので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

 

マークトウェイン号は年齢関係なくみんなで楽しめる!

マークトウェイン号は、アトラクションながらも年齢制限や身長制限がないので赤ちゃんから高齢者の方までみんなが楽しめるアトラクションになっています。

また、ベビーカーや車椅子に乗ったまま乗船もできますよ!

うさスタント
実際に子供がまだ赤ちゃんの時にベビーカーのまま乗船したことがありますが、乗船・下船時も特に困ることなく乗り降りできました

また、ベビーカーや車椅子ですと1階で過ごす方が多いかと思いますが、ベンチがあるのでみんなでゆったり過ごすこともできますよ。

 

マークトウェイン号は何階でも楽しめる!

マークトウェイン号は4階建てになっており、1~3階はゲストが行き来できるようになっています。

1階はメインデッキ2階はプロムナードデッキ3階はテキサスデッキと呼ばれているんですよ!

3階のテキサスデッキは開放感もあり、なんと言っても眺めが最高なので人気な階です。

ゆめちゃん
3階以外はどんな感じなのかな?

1~2階も3階に負けないくらいの魅力的な眺めになっており、まず3階よりも人が少ないので人と人の間隔を保ちながら景色を楽しめます

そして1階の最前のデッキには上に重なる階がないので、開放感がものすごくありますし、ベンチもあるので優雅に過ごすことができます。

どの階で過ごしても満足できる、贅沢なアトラクションになっていますよ。

 

マークトウェイン号にはレールがある?仕組みや燃料を徹底解析まとめ

蒸気船マークトウェイン号のイメージ2

引用:ディズニーリゾート公式サイト

こちらではマークトウェイン号にはレールがあるのか・仕組みや燃料はどうなっているのかを徹底解析してきました。

ここまでの内容を簡単にまとめていきますね。

マークトウェイン号にはレールはあるのか

水底にレールはある

目視では確認しづらいですが、水底にレールはあります!

しかし、そのレールは運転を制御するものなので、マークトウェイン号は実際にはレール上ではなくレールから浮いて水面を走行しています。

 

マークトウェイン号の仕組み!

船舶法に基づき、正式な船舶として認められている!

正式な船舶として認められている証拠に船内には、マークトウェイン号の情報がまとめられた掲示があります。

また、船体にも船名と船籍港が表記されているので、そちらもチェックしてみてくださいね!

以上マークトウェイン号にはレールがあるのか・仕組みや燃料はどうなっているのかを徹底解析していきました。

おまけの豆知識として、実は船名の「マークトウェイン」という名は「トムソーヤの冒険」を書いた人物なのです。

ウォルト・ディズニーが愛した「トムソーヤの冒険」は映画にもなっているのでぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね。

>>気軽にディズニー映画を見る方法はコチラ!

 

>>ウォルト・ディズニーが愛した作品を見るにはコチラ!<<Disney+ (ディズニープラス)| キャステル | CASTEL ディズニー情報