ビッグシティヴィークルのルートは?種類や待ち時間も徹底解説

ビッグシティヴィークルのルートは?種類や待ち時間も徹底解説

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています


Pocket

ディズニーシーで見かけるゆっくり走っている乗り物「ビッグシティヴィークル」ってご存じでしょうか?

こちらのアトラクションは、クラシックカーに乗って、のんびりと景色を眺めることができるアトラクションです。

なんの制限もないので、どなたでも楽しむことができます。

ヴィー
ビッグシティヴィークルってどこのルートを走っているのかな?
ヴィー
クラシックカーって種類があるのかな?

ルートや車の種類、待ち時間など調べてみたので、最後までお付き合いください。

また、おもちゃの車で有名なトミカからもビッグシティヴィークルが発売されています。

現在パークで走行しているものから、イベント仕様のものまで色々ありますので、記念に集めてみてはいかがでしょうか。

 


ビッグシティヴィークルのルートを徹底解説

引用元:ディズニーリゾート公式

まずは、ビッグシティヴィークルのルートや乗り場をご紹介していきます。

 

ビッグシティヴィークルのルート:ニューヨーク周遊のみ

以前は別のルートも運行していましたが、現在はアメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアのみとなっています。

アメリカンウォーターフロントは3つのエリアに分かれていて、ニューヨークエリアは中心部に位置しています。

一番広いのでまずは、ビッグシティヴィークルに乗って街並みをゆっくり見てから、歩いて散策してみてもいいと思います。

 

ビッグシティヴィークルのルート:乗り場をマップでご紹介

現在はニューヨークエリア周遊のルートのみなので、乗り場と降り場は同じ場所になります。

引用元:ディズニーリゾート公式

S.S.コロンビア号の正面右側の「ニューヨーク」のポールが目印です。

 

ビッグシティヴィークルのルート:ベビーカーはどうするか

ビッグシティヴィークルはベビーカーがあっても乗車することができます。

そのままでは乗車できないので、ベビーカーは折り畳む必要がありますが、赤ちゃんがいても乗車することのできるアトラクションは家族連れにはうれしいアトラクションですね。

ヴィー
ベビーカーは後ろに積むことがあるから、荷物はまとめておくとスムーズに乗車できると思うよ。

 

ビッグシティヴィークルの種類を徹底解説

 

ビッグシティヴィークルは現在4種類が運行しています。

  1. デリバリートラック
  2. ポリスワゴン
  3. ライトニングボルト
  4. ツアーバス

詳しく見ていきましょう。

 

ビッグシティヴィークル【種類】①デリバリートラック

引用元:ディズニーリゾート公式

デリバリートラックは「氷配達用のトラック」です。

荷物が落ちないように荷台に木枠が取り付けられていて、ゲストはトラックの荷台に乗って景色を堪能することができます。

トラックは「コモドール・アイス・カンパニー社」という製氷会社が所有していて、車体には「100% PURE HAREM RIVER WATER(100%純粋なハーレム川の水)」なんて書かれたステッカーが貼られていますよ。

 

ビッグシティヴィークル【種類】②ポリスワゴン

引用元:ディズニーリゾート公式

綺麗なブルーの車体は「ポリスワゴン」です。

ポリスワゴンというのは実は「囚人護送車」なんです!

よく見るとゲストが乗る座席の窓には鉄格子がついていて、中には保釈金保証会社の怪しいポスターが張ってあるので、チェックしてみてくださいね。

ヴィー
囚人護送車なんて普段乗ることがないから、ある意味貴重な体験ができそうだね。

 

ビッグシティヴィークル【種類】③ライトニングボルト

引用元:ディズニーリゾート公式

赤い車体の車は「ライトニングボルト」です。

屋根に付いたアンテナのようなものは避雷針で、雷から電力を座席の側面に取り付けられた銅管で変電し、タイヤ横のコイルで蓄電して動力にする仕組みという設定なんだそうです。

ヴィー
車体のサイドに「いなずま」のマークがついているから、見かけたら確認してみてね。

 

ビッグシティヴィークル【種類】④ツアーバス

引用元:ディズニーリゾート公式

可愛らしい緑色の車はHUMBERT(ハンバート)ツアー会社(架空の会社)が保有する車です。

そしてこちらの会社が企画した「GOTHAN TOURS(ゴッサム ツアーズ)」観光に連れて行ってくれるのが、このツアーバスです。

ヴィー
ゴッサムっていうのはニューヨークの別名なんだよ。

 

ニューヨーク観光バスなので、車体の後ろには自由の女神などの観光名所が描かれています。

 

ビッグシティヴィークルの待ち時間や所要時間を徹底調査

アトラクションに乗るとき気になるのが、待ち時間ですよね。

ここからは、ビッグシティヴィークルの待ち時間や所要時間についてご紹介していきます。

 

ビッグシティヴィークルの待ち時間:5分~15分

ビッグシティヴィークルは土日など混雑している時でも待ち時間は5分~15分ほどで乗車することができます。

他のアトラクションと比較すると、圧倒的に短い待ち時間で乗ることができるので、待つのが苦手な方におすすめのアトラクションです。

 

ビッグシティヴィークルの所要時間:約10分

ビッグシティヴィークルは時速5㎞で、アメリカンウォーターフロントの「ニューヨークエリア」を約10分ほどでかけて周遊するアトラクションです。

ゆっくり走行するので、小さいお子様からご年配の方まで乗車することができますし、景色を堪能することができます。

どなたでも乗車可能ですが、ご年配の方には休憩しながらパークの雰囲気も楽しむことができるので、疲れた時にはおすすめです。

>>ご年配の方におすすめのアトラクションや休憩場所などはこちらをチェック!

 

ビッグシティヴィークルの楽しみ方4選をご紹介

 

ビッグシティヴィークルのルートや所要時間がわかったので、次は楽しみ方を4つご紹介していきます。

 

ビッグシティヴィークルの楽しみ方①他のゲストとコミュニケーションをとる

 

ビッグシティヴィークルに乗っていると、歩いているゲストの方やキャストの方が手を振ってくれたりします。

もし手を振られたら、恥ずかしがらずに手を振り返してくださいね。

ヴィー
パークでの素敵な思い出の1つになるね。

 

ビッグシティヴィークルの楽しみ方②記念撮影をする

 

停車している時は自由に乗り降りができるので、ヴィークルと一緒に記念撮影するのがおすすめです。

また停車中は運転席に乗って、写真を撮れるチャンスです!

ヴィー
キャストの方に確認してから撮影してね。

携帯で撮影もいいですが、レトロなヴィークルはレトロなカメラで撮影するとちょっと違った写真が残せるかもしれませんよ。

色々な種類があるので全制覇してみてください!

 

ビッグシティヴィークルの楽しみ方③景色を堪能する

ビッグシティヴィークルに乗車すると、歩いていると気づかない新しい発見ができたり、景色を楽しむことができます。

また、乗車時間やイベント時で様々な景色を楽しむことができ、イベント開催時はパーク内も装飾されているので、また違う景色を見ることができます。

ヴィー
昼間と夕方で動画撮影したら、違った景色の素敵な映像が残せるよ。

 

ビッグシティヴィークルの楽しみ方④家族全員で乗る

家族で行くと、制限のあるアトラクションでは全員で乗ることが難しい場合もあります。

しかし、ビッグシティヴィークルにはなんの制限もないですし、乗車人数も車によりますが、8人~9人で乗れるので、家族全員で乗ることができます。

歩く速度と同じくらいゆっくり走るので、絶叫系が苦手な人でも、小さいお子様がいても問題なく、老若男女問わずに誰でも楽しむことができるので、おすすめのアトラクションです。

 


ビッグシティヴィークルのルートは?種類や待ち時間も徹底解説まとめ

 

ビッグシティヴィークルのルートや種類などをみてきましたが、いかがだったでしょうか?

ルートはニューヨーク周遊のみでしたが、種類は下記の4種類ありました。

  • デリバリートラック
  • ポリスワゴン
  • ライトニングボルト
  • ツアーバス

どの車になるかはタイミング次第ですが、どれも可愛らしいので全部乗ってみたいですね。

また、ビッグシティヴィークルの待ち時間は、混雑している時期でも5分から15分程で乗車することができるので、待つのが苦手な方にもおすすめのアトラクションです。

ディズニーシーに行ったときには、是非乗車してみてください。

また、トミカから発売されているビッグシティヴィークルをコレクションして思い出を残すのも素敵だと思います。