ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死?面白くないという評価を徹底検証

ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死?面白くないという評価を徹底検証

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています


Pocket

ディズニー100周年記念作品として発表されたオリジナルミュージカル作品の『ウィッシュ』が2023年12月15日(金)に公開された事で話題になっていますよね!

「アナと雪の女王」シリーズの共同監督兼脚本家を務めたジェニファー・リーが作った作品と言う事で期待されていますが、一部の視聴者から面白くないと評価されているのをご存じでしょうか?

ロサ子
ディズニーのポリコレに配慮された作品は売上的に爆死してるって噂もあるよね~・・・

そこで今回の記事では、ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死?面白くないという評価を徹底検証していきます!

 

>>ディズニー映画が定額で見放題!<<ディズニープラス公式 on Twitter: "6月11日サービス開始 #ディズニープラス とは? ━━━━━━━━ ディズニー公式の定額制動画配信サービス ▷新作映画や懐かしの名作 ▷日本未公開の話題作 ▷テレビシリーズや短編作品 ▷ディズニープラス オリジナル作品 など豊富 ...

 


ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死?3つの理由を徹底検証

創立100周年を迎えるディズニーの記念作品として、ディズニー作品が描き続けてきた「願いの力」真正面からテーマにした『ウィッシュ』ですが、ポリコレ要素が強いとも言う意見もあり評価が分かれる作品になっています。

そこでポリコレで爆死と言われている理由はなぜなのか徹底的に調べてみました。

ポリコレとは

ポリティカルコレクトネスの略で特定の要素を持った人々やグループに不快感や不利益を与えないための対策で、 差別的・軽蔑的な言葉を避けて中立的な表現を使うこと目指す取り組みの事です。

 

ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死と言われる理由①主人公が黒人

これまでのディズニー映画のヒロインたちは、自分の願いや夢をかなえるために行動していく物語が多かったですよね。

ですが「ウィッシュ」の主人公アーシャの願いは、100歳になる祖父の願いがかなうこと。

自分の幸せではなく、家族の幸せを心から願っている黒人女性が主人公になっています。

この主人公が黒人女性と言う事がポリコレと言われる理由になっています。

ロサ子
2023年に公開した実写版リトル・マーメイドでも黒人女優を起用し賛否両論あったけどここ最近のディズニーは多様性を重視していることが多くて今回もポリコレを意識した作品ではないかと一部の視聴者から批判的な意見もあるみたい・・・。

 

ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死と言われる理由②主人公の友達が個性的

主人公のアーシャには7人組の友達がいるのですが、松葉杖を突いた足に障害がある女の子が主人公の一番の親友である事や、他の友達もいつも眠たそうだったり、恥ずかしがり屋さんだったりと身体的や心にハンデをもった個性的な友達が多いです。

ロサ子
そんな、主人公と友達が今回の作品の悪役である高身長の白人男性マグニフィコ王に立ち向かうと言うストーリーもポリコレと捉えられているみたい・・。

 

ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死と言われる理由③過去最低水準の興行収入でスタート

『ウィッシュ』全米で11月22日に日本より早く公開され4,500万〜5,000万ドルが見込まれていましたが、最初の週末の成績は1,950万ドル(5日間合計3,170万ドル)で、「ハンガー・ゲーム0」「ナポレオン」に次ぐ3位で、予想を大きく下回る結果になっています。

また、このオープニング興行収入は、ディズニー映画の中でも過去最低水準のようです。

期待の詰まったディズニーの100周年記念作品が初登場3位に終わったことが爆死と言われている理由になります。

 

ディズニー『ウィッシュ』面白くないという評価を徹底検証!

『ウィッシュ』はアメリカで公開されて以降、現地では面白くない映画だと一部の人に評価されています。

実際の所どうなのでしょうか?

ネット上の口コミをまとめてみました。

 

ディズニー『ウィッシュ』面白くないという評価をご紹介【海外の反応】

実際、現地ではネガティブな感想がかなり多くなっています。

ネット上の口コミがは以下の通りでした。

海外ファンA
100周年を記念して作られた作品とは言えない、がっかりな作品だ。
海外ファンB
近年のディズニー映画は、ポリコレを意識しすぎた内容になっていて映画の内容が暗い雰囲気になってしまっている。
海外ファンC
誰も傷つけない意識も強すぎたのか、無機質で単調な内容でAIが考えたような作品だ。
海外ファンD
ディズニー映画と言ったらファンタジーなのにとても真面目な映画になってしまって子供が楽しめる作品ではない。
海外ファンE
ジョークも弱く、ストーリよりも歌が多くて好感の持てるキャラクターが居ない所も魅力がない

ディズニー100周年の集大成との事で期待していた分、差別や暗い社会問題を取り上げられている現実的なストーリになっていて期待を裏切られたと言う方が多かったのかもしれませんね。

 

ディズニー『ウィッシュ』面白くないという評価をご紹介【日本の反応】

一方、日本ではCMや広告にもかなり力を入れており、アーシャの声を生田絵梨花さんが担当していて歌唱力が素晴らしいとの事で話題にもなっていますよね!

日本での公開後、世間の評価はどうなっているのでしょうか。

早速見ていきましょう!

日本ファンA
どんでん返しはなく、刺激的な映画をみたい人には物足りないかも・・・
日本ファンB
主人公が黒人だったり障害持ちの友達など、ポリコレ意識が強くて見てて疲れそう
日本ファンC
ストーリ性が弱く少し残念だった

調べてみると、海外の反応に比べて、日本では否定的な意見が少ないように感じました。

「他に目玉となる映画がなかったのか」と海外の人からも驚かれているくらいです。

 

ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死?見た人の感想をご紹介(ネタばれあり)

ここまで「ウィッシュ」の否定的な意見をご紹介していきましたが、実際に映画を見た人の反応を調査してみた所、以下のような意見も多くありました!

この先は軽いネタばれがありますのでご注意下さい!

 

ディズニー『ウィッシュ』見た人の感想①過去のオマージュが盛り沢山!

「ウィッシュ」は過去作品のオマージュが多々作品内に起用されていて、過去作品のオマージュを発見する楽しさがあるので、ディズニーファンであればあるほど楽しい作品になっています!

過去作品をオマージュしている代表的なシーンを3つご紹介しますね!

  • 本のページが開いて、物語が始まる演出
  • アーシャの7人の友達
  • 今回のヴィランは過去の要素が満載

 

◆本のページが開いて、物語が始まる演出

本が開き、その中の物語として映画が始まっていく演出は、過去作品の「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」などディズニーアニメの代表作からの伝統を受け継いでいます!

 

◆アーシャの7人の友達

アーシャ友達は7人いて、その性格や特徴は『白雪姫』に登場する「7人の小人」をオマージュしています!

英語での名前は頭文字も一致しているんですよ!

  • ダリア(Dahlia)→先生(Doc)
  • ガーボ(Gabo)→おこりんぼ(Grumpy)
  • サフィ(Safi)→くしゃみ(Sneezy)
  • バジーマ(Bazeema)→てれすけ(Bashful)
  • ダリオ(Dario)→おとぼけ(Dopey)
  • サイモン(Simon)ねぼすけ(Sleepy)

 

◆今回のヴィランは過去の要素が満載

「ウィッシュ」のヴィランであるマグニフィコ王には、過去のディズニーアニメに登場したヴィラン(悪役)の要素が数多く詰めこまれています!

マグニフィコ王は劇中で「無礼者たちへ」というソロ楽曲を熱唱するのですが、見事な歌声を持つヴィランといえば、アリエルのヴィラン「アースラ」を連想させますよね!

また、マグニフィコ王が鏡に向かって「世界一のハンサムは?」と問いかけるシーンもあり、白雪姫の魔女の名セリフをオマージュしている事がすぐに分かりますね!

スタモン
ディズニー100周年ということもあり、過去作品のオマージュが盛りだくさんで目が離せない作品だった!

 

ディズニー『ウィッシュ』見た人の感想②歌唱シーンが最高!

生田絵梨花さんが声優を務めるアーシャの歌声が生で見るミュージカルと同じくらいの迫力で鳥肌が止まらなかったという意見が沢山ありました!

スタモン
初めからテンポよく歌唱シーンがあり、これぞディズニーという映像が圧巻で涙がでてきた!いくちゃん最高!

 

ディズニー『ウィッシュ』見た人の感想③でてくるキャラが可愛い!

アーシャを始め、”願い”を象徴したキャラクターのスターは自由にとび周りいたずらする様子が「かわいい!」と人気でTOHOシネマズではスター型のポップコーンバケットも用意されています。

スタモン
スター可愛い!鶏のダンスシーンは子供達も大喜びでした!

 

ディズニー『ウィッシュ』見た人の感想④主人公アーシャの勇敢さに感動!

アーシャの自分よりも周りの皆の願いが叶う事を祈る心の優しい勇敢なヒロインで人種差別等の問題に立ち向かう姿が感動します。

スタモン
願いは誰にでもあるのもので他の人によって叶うか決まるのではなく自分で動く事が大事なんだと改めて気づかされた映画でした!

 

ディズニー『ウィッシュ』見た人の感想⑤社会問題への意識が高い

ウィッシュの舞台となるロサス王国は、王族と庶民の間の差別が存在しています。

このようなテーマを取り扱うのは、ディズニー映画としては珍しいことであり、社会問題への意識の高まりを反映したものと見られています。

このような事が、ポリコレと批判される原因にもなっていますが、多様性の尊重や社会問題への意識を高めるという意味で、肯定的な意見もありました。

 

ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死?面白くないという評価を徹底検証!まとめ

今回の記事では、ディズニー『ウィッシュ』ポリコレで爆死?面白くないという評価を徹底検証してきました!

ポリコレで爆死と言われる理由
  1. 主人公が黒人
  2. 主人公の友達が個性的
  3. 過去最低水準の興行収入でスタート

また、面白くないと言われている評価を海外と日本に分けてご紹介していました。

様々な意見がありますが、実際に見た人の感想はポジティブな意見が多いように感じました。

ディズニー映画の過去作品が沢山オマージュされている映画ウィッシュ!

映画を見る前に過去作品をおさらいしておくとより映画を楽しめそうですね!

>>ウィッシュをディズニープラスで見たい人はこちらもチェック!

 

>>ディズニー映画の過去作品を見てウィッシュを楽しむ!<<ディズニープラス公式 on Twitter: "6月11日サービス開始 #ディズニープラス とは? ━━━━━━━━ ディズニー公式の定額制動画配信サービス ▷新作映画や懐かしの名作 ▷日本未公開の話題作 ▷テレビシリーズや短編作品 ▷ディズニープラス オリジナル作品 など豊富 ...