武尊の復帰戦はいつで相手は誰?休養の理由や総合格闘技あるか徹底調査!

Pocket

K-1 【official】YouTube channel

武尊が2022年6月27日の記者会見で休養を発表しました。

THE MATCHの那須川天心との試合で果敢に闘ったあの武尊がまさかの休養!?

そう思った人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「武尊の復帰戦はいつになる?相手は誰?休養の理由を徹底解説!」と題しまして、武尊の休養の理由をご紹介していきます。

武尊の復帰戦がいつになるのか、武尊の復帰戦の相手が誰になるのか気になるファンの方も多いと思います。

武尊を心配するファンの声、労う声、そして復帰戦を楽しみに待つファンの声、武尊の底知れぬ人気が知れますね。

 

武尊の復帰戦はいつで相手は誰?

武尊の復帰戦はいつで誰になるのでしょうか?

ファンとしてはやはり気になるところですよね。

 

武尊の「復帰戦いつ」になる?

今の所、武尊の復帰については何も決まっていない上に予想がたっていません。

怪我の治療のことを考えて復帰戦は結構期間が開きそうというという予想が多いようです。

年齢が30を超えているが、心と身体を治した上で年齢関係なく闘っていけるのではないかと武尊は語っています。

楽しみに武尊の復帰戦が来る日を待ちましょう。

 

武尊の「復帰戦の相手」は誰?

武尊の復帰戦の相手に調査はしましたが、まだ誰も予想しているようなところはないようです。

情報が入り次第追記します。

 

武尊vs那須川天心【THE MATCH】の試合結果と振り返り

ここで先日行われた武尊と那須川天心の試合について、そして武尊の那須川天心への思いについても調査してみました。

 

武尊vs那須川天心「THE MATCH」の試合結果に関して

武尊は那須川天心に結果的に負けました。

しかし多くのファンが「ありがとう」と敗者の武尊に花道で声かけをし、武尊はその言葉でとても救われたようです。

武尊は記者会見で「この10年間勝ち続けた中で知れなかった物を知れたし、勝って報われることは出来なかったけれど、ファンの皆さんにもらった「ありがとう」はどんな勝利より価値のある物だった」と語っていました。

 

武尊の「那須川天心に対して」の思い

那須川天心のおかげでモチベーションを落とさずに強さを維持できたし、同じ時代に同じ格闘家の世界にいてくれてとても感謝しているとのことでした。

 

武尊の休養理由や期間はいつまで?K-1チャンピオンベルト返上はなぜ?

efightより画像引用

2022年6月27日の記者会見にて武尊が発表したことについて解説していきます。

 

武尊の休養について

自分は勝ち続けたからこそある価値だと思っていたけれど、今回の多くのファンの声かけのおかげで休養を決心することが出来たようですね。

武尊は今までファイトスタイル的に身体を酷使する戦いをしてきたので、公表していない部分でも沢山の怪我や心の病気に見舞われていました。

腰や拳、膝などの怪我、そしてパニック障害やうつ病に悩まされる部分もあり、前向きな意味で戦う舞台から1度離れることを決めたそうです。

同じような病気や怪我を持つ人たちに「自分が病気や怪我を克服して必ず復活する姿を見せたい」といった思いが強かったようです。

これから出来る限りのトレーニングや、SNSなどの投稿も頑張っていくとのことなので皆で武尊の応援をしましょう。

 

武尊の休養の期間や場所は?

休養の期間は決めていないようですが、海外に行って自分と向き合える時間を作って療養するとのことです。

 

武尊のチャンピオンベルト返上について

武尊がベルトを返上することを発表しました。

武尊は今回負けてしまったのもありK-1の大賞を自分に背負う資格はないと言い切っています。

武尊が今回ベルト返上することで次の世代が出てくることも出来ると言っていますね。

とても面倒見の良い兄貴、そう例えることが出来るでしょう。

 

武尊の休養について、復帰戦についての多くのファンの声をご紹介!

武尊の休養や復帰戦について応援する声が多数ありました。

普段から武尊がファンを大切にしている証拠ですよね。

 

武尊の復帰戦はいつで相手は誰?休養の理由や総合格闘技あるか徹底調査!まとめ

武尊の復帰戦についていつになるか、相手は誰になるかはまだ全然決まっていないようですね。

復帰戦がいつになるか誰になるのか何も予想もつかない状態からファンはやはり待つものですよね。

武尊はとてもファンを大切にするという評判が高い選手ですので、それもやむを得ないかもしれません。

武尊が心と身体をしっかり休養させて、また戦いの舞台に戻ってくるようになることを武尊のファンである筆者は心から祈ります。

10数年以上休まず闘ってきた武尊からしたら休養はとても重みのある決断だったと思います。

その休養すらも前向きに考える武尊にエールを送りたい、その言葉でこの記事を締めようと思います。