スティーブン・フルトン戦績や強さは?階級や試合動画でボクシング経歴をご紹介! 

スティーブン・フルトン戦績や強さは?階級や試合動画でボクシング経歴をご紹介! 

Pocket

『スティーブン・フルトン』戦績やさは?

ボクシング経歴がヤバいって本当?

スティーブン・フルトンwowow

プロボクシングで躍動する【スティーブン・フルトン】がどんな選手なのかをご紹介して行きます。

世界でも有名なボクサーは沢山いますが、体格も大きくかなり強そうですよね。

近々、井上尚弥との試合が実現するかもしれないと話題になっています。

スティーブン・フルトンの戦績や階級、そして強さがわかる試合動画、お茶目なSNSなどを徹底調査しましたので最後までご参照ください。

 


スティーブン・フルトンのプロフィール戦績は?どの階級で強さは?

スティーブン・フルトンのプロフィール戦績、階級などをご紹介していきます。

最強の男はどんな人物なのでしょうか。

 

スティーブン・フルトン「プロフィール」

基本情報
本名 スティーブン・フルトン・ジュニア
通称 Cool Boy Steph(クールボーイ・ステフ)
階級 スーパーバンタム級
身長 169cm
リーチ 179cm
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1994年7月17日(27歳)
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
スタイル オーソドックス

スティーブン・フルトンは、2022年6月時点では「WBC・WBO世界スーパーバンタム級王者」です。

スタミナ、運動神経に加え、闘争本能に優れている選手ですね。

目指すはスーパーバンダム級クラス史上初の4団体統一。

 

♦ボクシング経歴

ボクシングを始めたのは12歳の時で、アマチュアで90戦(75勝15敗)の戦績を残した。

2014年10月にプロデビュー。

2019年5月11日、IBO世界スーパーバンタム級王者パウルス・アムブンダ(ナミビア)に3-0の判定勝ちを収め王座を獲得して以降は一気に躍動。

2021年11月27日、延期されていたフィゲロアとの統一戦がラスベガスのパークMGMで行われ、12回2-0の判定勝ちを収め、WBC王座の獲得及びWBO王座の初防衛に成功し2団体統一王者となっています。

 

スティーブン・フルトン「戦績」

プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 21
KO勝ち 8
通算成績は21勝(8KOs)と負けなしです。

試合数としては少ない様にも感じますが、対戦しているのはチャンピオン級の強者ばかり。

今が乗りに乗っている年齢でもあるので、これからの統一戦にも注目が集まっています。

 

◆直近の戦績

  • 2014-10-4 win 2R TKO vs. アイザック・バジャー
  • 2014-11-20 win 4R 判定3-0 vs. ダーメン・ウッド
  • 2014-12-5 win 4R 判定3-0 vs. ベンジャミン・ブルゴス
  • 2015-1-31 win 6R 判定3-0 vs. エリック・ゴタイ
  • 2015-4-25 win 3R 1:33 KO vs. ジャマル・パラム
  • 2015-6-20 win 6R 終了 TKO vs. パブロ・クプル
  • 2015-9-15 win 6R 判定3-0 vs. サム・ロドリゲス
  • 2015-12-29 win 4R 判定2-0 vs. ジョシュア・グリーア
  • 2016-4-19 win 6R 1:37 TKO vs. アダルベルト・ソリージャ
  • 2016-7-2 win 3R 1:38 TKO vs. クリスチャン・レンテリア
  • 2017-4-4 win 8R 判定3-0 vs. ルイス・ロサリオ
  • 2017-12-8 win 8R 判定2-0 vs. アダム・ロペス
  • 2018-6-16 win 9R 1:54 TKO vs. ヘスス・アントニオ・アウマダ
  • 2018-9-30 win 8R 判定3-0 vs. ヘルマン・メラス
  • 2019-1-26 win 5R 1:41 TKO vs. マーロン・オレア
  • 2019-5-11 win 12R 判定3-0 vs. パウルス・アンブンダ
  • 2019-8-24 win 6R 1:26 KO vs. イサック・アベラル
  • 2020-1-25 win 12R 判定3-0 vs. アーノルド・ケガイ
  • 2021-1-23 win 12R 判定3-0 vs. アンジェロ・レオ
  • 2021-11-27 win 12R 判定2-0 vs. ブランドン・フィゲロア
  • 2022-6-5 win 12R 判定3-0 vs. ダニエル・ローマン

 

スティーブン・フルトン「階級」獲得タイトル

  • WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座
  • WBC世界スーパーバンタム級王座(防衛0)
  • WBO世界スーパーバンタム級王座(防衛1)
  • IBO世界スーパーバンタム級王座

階級はスーパーバンダム級ですね。

今後、井上尚弥との対戦がある階級ですが、その他にも強い選手がうじゃうじゃいる階級です。

 

どれくらい強いの?スティーブン・フルトンの試合動画で強さをご紹介!

スティーブン・フルトンの強さがどれくらいか、試合動画やボクシングスタイルをご紹介して行きます。

そしてファンが気になるのが井上尚弥との試合ですが、実現されるのかも期待がかかりますね!

 

強さが分かる「試合動画」

Premier Boxing Champions

Bokushingu TV

 

ボクシングスタイル・特徴

フルトン【ボクシングの特徴】
  • 相手の戦闘スタイルに合わせて戦法を変えるのが得意
  • スピードとパワーがあり相手を圧倒できる
  • タフでかなり打たれ強い

自身のボクシングスタイルに対して、Nemberの取材でフルトンはこの様に答えています。

「俺の試合では、瞬きをしている間にすべてが変わる。」

「リング中央でアウトボクシングすることだってできるし、打ち合いで相手を叩きのめすことだってできる。」

「すべては俺の気分と試合の流れ次第だ。様々なスタイルで戦えるというのはいいものだ」

このとこからも、自身のボクシングにかなり自信を持っていることがわかりますね!

 

次戦の対戦相手は「井上尚弥」を意識している?

井上尚弥との対戦が期待されるSNSの投稿にも反応しているフルトン。

「世間が対戦を望んでいることは分かるが、試合は井上ではなく自分に光が指している。」と自信も見せています。

 

Nemberの取材に対して、以前は「井上は小さすぎる」と話していました。

最近はフルトンより1階級下で勢いを見せるモンスターにもかなり注目している様です。

現実的な対戦相手候補として認識し始めているとのこと。

 

今の階級で井上と試合をするのかとの質問に対してこう回答。

「俺の身体は大きくなっているから、井上の方にどれだけ早く準備ができるか次第だ。このクラスではそれほど長く戦えないかもしれないから、急いでほしいな」

 

また、井上の強さに対して「素晴らしい選手だ。スキルに恵まれている。」

「パワーもあるが、スーパーバンタム級までそれを持ち込めるかどうかはわからない。」

「特に俺はスーパーバンタム級の中でも大柄で、試合がない時はもっと重い体重で動き回っている。つまり他の選手よりも耐久力があるということだ」としています。

ファン待望の「スティーブン・フルトンVS井上尚弥」が実現する日の近いのかもしれませんね!

 


スティーブン・フルトンはお茶目?インスタやTwitterをご紹介!

スティーブン・フルトン戦績や強さは?階級や試合動画でボクシング経歴をご紹介! 

スティーブン・フルトンのTwitterやInstagramをご紹介して行きます。

ボクシングでは険しい表情のフルトンは、実はお茶目で可愛い笑顔をしていますね!

 

スティーブン・フルトン「Twitter」

スティーブン・フルトンのTwitterです。

フォロワー数1万2千人を超えるほどの人気で、中には著名人が沢山いますね!

👉フルトンのTwitterはこちら>>

 

スティーブン・フルトン「Instagram」

スティーブン・フルトンのInstagramです。

こちらはフォロワー数10万5千人を超えるほどの大人気で、著名人からボクシング関係者がうじゃうじゃいますよ!

👉フルトンのInstagramはこちら>>

 

スティーブン・フルトン戦績や強さは?階級や試合動画でボクシング経歴をご紹介!まとめ

プロボクシング「スティーブン・フルトン」のプロフィール戦績や階級、強さがわかる試合動画をご紹介しました。

階級としては、今後に井上尚弥が上がって来るであろうスーパーバンダム級チャンピオンですね。

戦績も無敗とヤバいやつです。(笑)

ボクシングファンとしては、見たい一戦に井上尚弥があがっています。

スティーブン・フルトンも井上との対戦に興味を持っているとしていますので、試合が組まれる可能性も出てきました。

試合動画ではスピード感や打たれ強い印象も強く、かなりのパワーも持っています。

SNSではお茶目な印象もあって、そのギャップが良いですね!

今後の4団体統一戦など、話題が尽きないフルトンに注目です!!!