村田諒太VSゴロフキン勝敗予想!戦績や試合動画どっちが勝つか強さ徹底調査!

村田諒太VSゴロフキン勝敗予想!戦績や試合動画どっちが勝つか強さ徹底調査!

Pocket

村田諒太VSゴロフキンの勝敗予想!!

戦績や試合動画を徹底比較!!!

 

WBAスーパー王者の村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)によるミドル級2団体王座統一戦が4月9日、さいたまスーパーアリーナで開催決定。

昨年2021年12月29日に予定されていた試合でしたが、新型コロナウイルスのオミクロン株感染拡大により延期となっていました。

そして日本ボクシング”史上最大”と言われるビッグマッチがいよいよ現実のものになる日が近づいてきましたね!

そこで今回は『村田諒太VSゴロフキン勝敗予想!戦績や試合動画どっちが勝つか強さ徹底調査!』についてご紹介していきます。

2人のプロフィール・戦績・試合動画をはじめ、プロの格闘技選手などの予想も動画でご紹介していますので、ご参照ください。

👉村田諒太VSゴロフキンの「無料視聴方法」はこちらから

 

無料トライアル期間は今だけ!

 


村田諒太VSゴロフキンの勝敗予想!プロフィールや『戦績』を徹底比較!

村田諒太、ゴロフキンのプロフィールや戦績、試合動画を集まめましたのでご紹介していきます。

両者の違いや実績を基に、どっちが勝つのか勝敗予想に至るデータを見て行きましょう!

 

「村田諒太」プロフィール

基本情報
本名 村田 諒太
通称 黄金の拳
階級 ミドル級
身長 183cm
リーチ 184 cm
国籍 日本
誕生日 1986年1月12日(36歳)
出身地 奈良県奈良市
スタイル オーソドックス

村田 諒太(むらた りょうた)日本プロボクサーでロンドンオリンピックミドル級金メダリスト

WBA世界ミドル級スーパー王者であり、帝拳ボクシングジムに所属しています。

日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者でもありますね。

家族構成では、3人兄弟の末っ子になります。

 

「村田諒太」戦績

  • アマチュアボクシング:138戦 119勝 (89KO・RSC) 19敗
  • プロボクシング:18戦 16勝 (13KO) 2敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 備考・会場
1 2013年8月24日 勝利 2R 2:24 TKO 柴田明雄 プロデビュー戦
2 2013年12月6日 勝利 8R 1:20 TKO デイブ・ピーターソン
3 2014年2月22日 勝利 4R 0:43 TKO カルロス・ナシメント
4 2014年5月22日 勝利 6R 2:35 KO ヘスス・アンヘル・ネリオ
5 2014年9月5日 勝利 10R 判定3-0 アドリアン・ルナ
6 2014年12月30日 勝利 10R 判定3-0 ジェシー・ニックロウ
7 2015年5月1日 勝利 5R 0:38 TKO ダグラス・ダミアオ・アタイデ
8 2015年11月7日 勝利 10R 判定3-0 ガナー・ジャクソン
9 2016年1月30日 勝利 2R 2:23 KO ガストン・アレハンドロ・ベガ
10 2016年5月14日 勝利 4R 2:50 TKO フェリペ・サントス・ペドロソ
11 2016年7月23日 勝利 1R 1:52 TKO ジョージ・タドーアーニッパー
12 2016年12月30日 勝利 3R 2:53 KO ブルーノ・サンドバル
13 2017年5月20日 敗北 12R 判定1-2 ハッサン・ヌダム・ヌジカム WBA世界ミドル級王座決定戦
14 2017年10月22日 勝利 7R 終了 TKO ハッサン・ヌダム・ヌジカム WBA世界ミドル級タイトルマッチ
15 2018年4月15日 勝利 8R 2:56 TKO エマヌエーレ・ブランダムラ WBA防衛1
16 2018年10月20日 敗北 12R 判定0-3 ロブ・ブラント WBA王座陥落
17 2019年7月12日 勝利 2R 2:34 TKO ロブ・ブラント WBA世界ミドル級タイトルマッチ
18 2019年12月23日 勝利 5R 2:45 TKO スティーブン・バトラー WBA防衛1→スーパー王座認定
19 2022年4月9日 試合前 ゲンナジー・ゴロフキン WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦

 

「ゴロフキン」プロフィール

基本情報
本名 ゲンナジー・ゲンナジーヴィッチ・ゴロフキン
通称 GGG(トリプルG)
God of war(闘神)
階級 ミドル級
身長 179cm
リーチ 178cm
国籍 カザフスタン
誕生日 1982年4月8日(39歳)
出身地 カラガンダ州カラガンダ
スタイル オーソドックス

カザフ・ソビエト社会主義共和国(現在のカザフスタン)の4人兄弟の1人として生まれました。

ロシア人の父親は炭鉱夫、高麗人の母親は実験室のアシスタントとして働いています。

14歳の時に兄にジムへ連れられていきボクシングをはじめる。

リング内では圧倒的な強さを誇るが、リング外ではガードマンが制止しようとするのを逆に止めて、ファンや関係者にサインをしたりと紳士な対応でも有名。

ゴロフキンと対戦し敗れた淵上誠は試合翌朝にホテルのラウンジで偶然出会った際に、コーヒーを御馳走してもらい、これを機にファンになったと話すなど、人格でもかなり評判が良い選手。

ボクシングに関して「私は興奮をもたらしたい。劇的なショウをしたいんだ」や「私のスタイルは喧嘩のようだ。マイク・タイソンのスタイルみたいにね」とファンが喜ぶ試合を見せることを意識している様です。

 

「ゴロフキン」戦績

  • アマチュアボクシング:350戦 345勝 5敗
  • プロボクシング:43戦 41勝 (35KO) 1敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 備考・会場
1 2006年5月6日 勝利 1R 1:28 KO ガボル・バログ プロデビュー戦
2 2006年7月29日 勝利 3R 1:10 TKO シャルヘイ・ナヴァルカ
3 2006年8月22日 勝利 4R TKO ダニエル・ウルバンスキー
4 2006年9月19日 勝利 3R TKO マルティン・ククリス
5 2006年10月21日 勝利 2R 2:28 KO ホルヘ・アリエル・ガルシア
6 2006年12月2日 勝利 4R 1:00 KO シルバイン・ゴミス
7 2007年2月27日 勝利 6R終了 TKO シモン・モコエナ
8 2007年5月25日 勝利 5R 1:59 TKO セルゲイ・コミットスキー
9 2007年9月7日 勝利 8R 判定3-0 メディ・ブアドア
10 2008年2月29日 勝利 1R 2:04 KO ツェポ・マシェゴ
11 2008年4月5日 勝利 8R 判定3-0 イアン・ガードナー
12 2008年5月10日 勝利 8R 0:26 TKO イブラハム・シド
13 2008年6月21日 勝利 8R 判定3-0 アマール・アマリ
14 2008年11月22日 勝利 2R終了 TKO マリク・ジアラ
15 2009年1月17日 勝利 1R 2:52 TKO ハビエル・アルベルト・ママニ
16 2009年4月25日 勝利 5R 0:59 KO アンソニー・グリーンジ
17 2009年7月11日 勝利 2R 2:20 KO ジョン・カルバリョ WBOインターコンチネンタルミドル級王座決定戦
18 2009年11月21日 勝利 2R 1:24 KO ミハイル・マカロフ
19 2010年8月14日 勝利 1R 0:58 KO ミルトン・ヌネス WBA世界ミドル級暫定王座決定戦→正規王座認定
20 2010年12月16日 勝利 3R 2:44 KO ニルソン・タピア WBA防衛1
21 2011年6月17日 勝利 10R 1:57 TKO カシム・オウマ WBA防衛2
22 2011年12月9日 勝利 1R 2:17 KO ラジュアン・サイモン WBA防衛3・IBO王座獲得
23 2012年5月12日 勝利 3R 1:17 TKO 淵上誠(八王子中屋) WBA防衛4
24 2012年9月1日 勝利 5R 1:11 TKO グジェゴシ・プロクサ WBA防衛5
25 2013年1月19日 勝利 7R 2:46 TKO ガブリエル・ロサド WBA防衛6
26 2013年3月30日 勝利 3R 2:44 KO 石田順裕(グリーンツダ) WBA防衛7
27 2013年6月29日 勝利 3R 1:22 KO マシュー・マックリン WBA防衛8
28 2013年11月2日 勝利 8R終了 TKO カーティス・スティーブンス WBA防衛9
29 2014年2月1日 勝利 7R 1:20 KO オスマヌ・アダマ WBA防衛10→スーパー王座認定
30 2014年7月26日 勝利 3R 2:47 TKO ダニエル・ゲール WBA防衛11
31 2014年10月18日 勝利 2R 1:19 KO マルコ・アントニオ・ルビオ WBA・WBC世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛12・WBC暫定王座獲得
32 2015年2月21日 勝利 11R 0:50 TKO マーティン・マレー WBA防衛13・WBC防衛1
33 2015年5月16日 勝利 6R 0:45 TKO ウィリー・モンロー・ジュニア WBA防衛14・WBC防衛2
34 2015年10月17日 勝利 8R 1:32 TKO デイビッド・レミュー WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛15・WBC防衛3・IBF獲得
35 2016年4月23日 勝利 2R 2:37 KO ドミニク・ウェイド WBA防衛16・WBC防衛4→正規王座認定・IBF防衛1
36 2016年9月10日 勝利 5R 1:52 TKO ケル・ブルック WBC防衛5・IBF防衛2
37 2017年3月18日 勝利 12R 判定3-0 ダニエル・ジェイコブス WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛17・WBC防衛6・IBF防衛3
38 2017年9月16日 引分 12R 判定1-1 サウル・アルバレス WBA防衛18・WBC防衛7・IBF防衛4
39 2018年5月5日 勝利 2R 1:53 KO バネス・マーティロスヤン WBA防衛19・WBC防衛8
40 2018年9月15日 敗北 12R 判定0-2 サウル・アルバレス WBAスーパー・WBC世界ミドル級タイトルマッチ
WBAスーパー・WBC王座陥落
41 2019年6月8日 勝利 4R 2:09 KO スティーブ・ロールス
42 2019年10月5日 勝利 12R 判定3-0 セルゲイ・デレフヤンチェンコ IBF・IBO世界ミドル級王座決定戦
IBF・IBO獲得
43 2020年12月18日 勝利 7R終了 RTD カミル・シェルメタ IBF防衛1
44 2022年4月9日 村田諒太 WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦

♦獲得タイトル

  • アテネオリンピックミドル級銀メダル
  • WBOインターコンチネンタルミドル級王座
  • IBO世界ミドル級王座
  • WBA世界ミドル級暫定王座(防衛0=正規王座に認定)
  • WBA世界ミドル級王座(防衛10=スーパー王座に認定)
  • WBA世界ミドル級スーパー王座(防衛9)
  • WBC世界ミドル級暫定王座(防衛4=正規王座に認定)
  • WBC世界ミドル級王座(防衛4)
  • IBF世界ミドル級王座(防衛4=剥奪)
  • IBF世界ミドル級王座(2期目:防衛1)

♦表彰

  • WBC 2015年度 Champion of the Year

 

村田諒太・ゴロフキン「比較」まとめ

村田諒太 ゴロフキン
身長 183cm 179cm
リーチ 184cm 178cm
プロ戦績 18戦 16勝 (13KO) 2敗 43戦 41勝 (35KO) 1敗 1分

身長とリーチでは有利な村田諒太ですが、ゴロフキンそんあ相手をものともせず倒しに来るボクシングスタイル。

ゴロフキンは、戦績でも圧倒的な経験数があり、村田諒太のブランクを考えてもかなり難しい試合になりそうですね。

 

村田諒太VSゲンナジー・ゴロフキンの対戦経緯

2021年11月12日、東京都内で開かれた記者会見で、IBF世界ミドル級王者であるゲンナジー・ゴロフキンとの2団体王座統一戦が12月29日、さいたまスーパーアリーナで開催されることが正式発表されました。

しかし、ゴロフキンとの2団体王座統一戦が延期になったことが発表される。

2021年12月3日、新型コロナウイルスの変異株オミクロン株急拡大を受け、政府が外国人の新規入国を禁止する水際対策を実施したのが原因でした。

そしていよいよ、2022年3月からの外国人に対する水際対策の緩和を受けて、4月9日に試合が決定。

なんとこの試合、両者のファイトマネー合計が「日本ボクシング史上最高額」となっているのです。

放送はAmazonプライムビデオ、海外ではDAZNが独占配信。

 

無料トライアル期間は今だけ!

 

村田諒太VSゴロフキンの勝敗予想!『試合動画』を徹底比較!

村田諒太とゴロフキンの試合動画をご紹介していますので、過去のデータにはなりますがご参照ください。

試合前の記者会見動画も記載しておりますので、合わせてどうぞ!

 

「村田諒太」試合動画

KOBUSHI

 

「ゴロフキン」試合動画

 

試合前の会見・動画まとめ

デビュー当時からゴロフキン選手との対戦を熱望してきた村田諒太。

やはり圧倒的強さに加えて、リスペクトする部分が多い選手でもあることをあげています。

 

無料トライアル期間は今だけ!

 


世間の下馬評は?SNSやプロ格闘技選手の勝敗予想はどっちが勝つ?

『村田諒太VSゴロフキン』に関して、世間の下馬評やプロ格闘技選手の勝敗予想をご紹介していきます。

村田諒太は試合が無かったことから、ブランクがかなり心配される一戦で、しかもゴロフキンを迎えるが、皆さんはどの様な予想をしているのか見て行きましょう!

 

世間の下馬評や勝敗予想まとめ

勝敗予想の投票では、ゴロフキンが勝つ予想がかなり多い結果でしたね。

村田諒太に期待を寄せるファンも多いですが、やはり世界のレジェンドクラスであるゴロフキンに勝つのはかなり難しいようです。

格闘技ファンの間でも、ゴロフキンが勝つとの予想が多い結果でした。

やはり試合の延期がどこまで影響してくるのか心配ですね。

ゴロフキン側も、今回の試合の再延期はしないことを約束にあげていますので、この試合は調整が上手くいっている方に軍配があがりそうです。

 

「格闘技選手・ボクシングOB」による勝敗予想を一挙にご紹介!

村田諒太が勝てるのかに関してプロの目線で行くと、村田諒太の先手必勝、ゴロフキンの年齢による衰えなどを上げていますね。

ただし、現時点での村田諒太の戦闘スタイルでは勝てる確率は少ない、出て来るゴロフキンに対して押して行けるかなどがあげられていますので、やはりゴロフキンは年齢関係なく強い点、そしてブランクが最も怖いとされています。

試合が無かった村田にゴロフキンはかなり厳しい相手と捉えていますね。

 

無料トライアル期間は今だけ!

 

村田諒太VSゴロフキン勝敗予想!戦績や試合動画どっちが勝つか強さ徹底調査!まとめ

『村田諒太VSゴロフキン勝敗予想!戦績や試合動画どっちが勝つか強さ徹底調査!』についてのご紹介でした!

プロフィールでは村田諒太が身長とリーチでは有利でしたが、プロボクシング戦績では倍以上の差があり、王者として強さを誇って来たゴロフキンの場数はスゴイですね。

試合動画でも相手を圧倒するなど、見れば見るほど実力が分かり、みいなの勝敗予想でもゴロフキンが有利と予想していました。

4月9日は、村田諒太とゴロフキンどっちが勝つのか、世紀の一戦を見逃せません!

👉村田諒太VSゴロフキンの「無料視聴方法」はこちらから

 

無料トライアル期間は今だけ!