井上尚弥VSドネアの勝敗予想どっちが勝つ?戦績や動画で強さを徹底比較!

井上尚弥VSドネアの勝敗予想どっちが勝つ?戦績や動画で強さを徹底比較!
Pocket

井上尚弥VSドネアの勝敗予想はどっちがつ?

戦績や試合動画でさを徹底比較!

井上尚弥VSドネア2のチケット値段は?発売日いつで購入方法どこで買える?井上尚弥VSドネア2のチケット値段は?発売日いつで購入方法どこで買える?井上尚弥VSドネア

2022年6月7日に開催されるプロボクシング『井上尚弥VSノニト・ドネア』の試合。

どっちが勝つのか世間でも気になっている方が多いですね!

シルゾー
今回の再戦では、井上尚弥とドネアってどっちが強いのかな?
デンゾー
過去から現在までのデータや試合を見て比較してみよう!

今回は『井上尚弥VSドネアの勝敗予想どっちが勝つ?戦績や動画で強さを徹底比較!』についてご紹介していきます。

👉井上尚弥VSドネア2の試合をテレビやスマホで無料視聴する方法はこちらから!

 

期間限定の無料トライアルはこちらから!井上尚弥VSドネア2のテレビ放送を無料視聴する方法は?Amazonがオススメの理由とは?

 

井上尚弥VSドネア『みんなの勝敗予想』どっちが勝つ?

oricon

井上尚弥VSドネアの試合に対して、世間の『勝敗予想』はどんな予想になっているのかご紹介して行きます。

前回の試合より、ドネアが一段と強くなって帰って来た印象も気になりますね!

 

世間の勝敗予想まとめ

井上尚弥が勝つとの勝敗予想ですが、それは僅差での予想になっていますね!

ドネアは前回よりもパワーアップしている事が懸念されます。

会見では「尚弥が自分を蘇えらせてくれた」と発言してること、見た目も前回より強そうになっていますね。

 

WBA世界王者「京口紘人」の勝敗予想!

京口紘人 Hiroto Kyoguchi【WBA世界王者】

WBA世界王者の「京口紘人」さんも「井上尚弥VSドネア2」の勝敗予想をしています!

再戦まで井上尚弥は2戦、ドネアは2戦しているが、内容の濃さで言えばチャンピオン2人を倒したドネアの方が印象に強いとコメント。

前回戦った時のドネアより強いとし怖さがあるとするも、井上尚弥は再戦が強く、修正してくるとも話していますね。

ドネアは井上尚弥のボディーに対する恐怖も脳裏に焼き付いているとしている。

勝率としては「井上尚弥 7:3 ドネア」で井上尚弥が有利としています。

 

マニー・パッキャオの予想は「井上尚弥」

ボクシング元世界王者のパッキャオ氏と一緒に走る!マニー・パッキャオ チャリティマラソン プレミアムウォーターがメインスポンサーに就任決定|プレミアムウォーター株式会社のプレスリリース

ボクシング世界6階級制覇王者で昨年引退したマニー・パッキャオ(43=フィリピン)が勝敗を口にしていますね。

今回の再戦は、「井上が勝利する可能性がある」とコメントしていましたが、「ドネアもいいボクサーなので、完全に準備次第になると思う」とドネアの勝つ可能性にも話しています。

世界の頂点に立ったパッキャオは「私もこの試合を楽しみにしている。日本人のファンの人たちにもこの試合を見てほしい。いい試合になる」と、この大会の楽しみを口にして締めくくってくれました。

 

米有名トレーナー”ブレッドマン”こと「エドワーズ」の勝敗予想

「イノウエがこのファイトで勝つだろう。10歳以上若い。ただただ才能とスキルを兼ね備えている」とし、「どちらも殺人者だ。謙虚だが、獰猛な人間なのだ」とコメント。

米(アメリカ)での有名トレーナーであるスティーブン・エドワーズ氏は、井上尚弥の勝利予想としたが、ドネアは天性の当て勘を持っており、「井上をKOしても全く驚きはない」と絶賛していますね。

「イノウエはノニトに対してよりボクサースタイルで戦うだろう。ドネアへのKOを試みた時よりもアウトボクシングの時の方が成功していた。ドネアはイノウエのリズムを破るためにジャブを多めに狙うと予想する」と話し、井上は接近戦ではなく、距離をとりながらドネア攻略を目指すと語っています。

 

【過去と現在】の井上尚弥とドネア「変化」を画像で比較

♦過去

井上尚弥VSドネア

♦現在

井上尚弥VSドネアの勝敗予想どっちが勝つ?戦績や動画で強さを徹底比較!井上尚弥VSドネア 2

過去のドネアはどこか穏やかな顔つきが目立った印象でした。

今回の井上尚弥と再戦するドネアの表情や風貌からは、自身がみなぎっている様にも見えますね!

果たしてこの自身がどう出るのか、そして井上尚弥は直近の試合ではパッとしないことからも勝敗が気になります。

では、下記で戦績や試合動画を見て行きましょう!

 

期間限定の無料トライアルはこちらから!井上尚弥VSドネア2のテレビ放送を無料視聴する方法は?Amazonがオススメの理由とは?

 

井上尚弥VSドネアの勝敗予想!プロフィール『戦績』で強さを徹底比較!

井上尚弥とドネアのプロフィール・戦績をご紹介して行きます。

試合動画なども記載しておりますので、合わせてご参照ください。

 

井上尚弥「プロフィール」

基本情報
本名 井上 尚弥
通称 The Monster(怪物)
階級 バンタム級
身長 165.2 cm
リーチ 170.6 cm
国籍 日本
誕生日 1993年4月10日(29歳)
出身地 神奈川県座間市
家族 井上真吾(父)
井上拓真(弟)
親戚 井上浩樹(従兄弟)
スタイル オーソドックス

世界でも”モンスター”の異名で恐れられる井上尚弥。

オーソドックスなスタイルだが、攻守において隙が無いことで防御に対しても強みを持つ。

圧倒的なパンチ力とスピードを兼ね備え、テクニックもバリエーションが多い。

KOが印象的な井上だが、ディフェンス技術に優れており、ノニト・ドネア戦まではプロとアマを通じてクリーンヒットをもらうことが無かったほどガードが堅い選手。

 

井上尚弥「戦績」

  • アマチュアボクシング:81戦 75勝 (48KO/RSC) 6敗
  • プロボクシング:22戦 22勝 (19KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 備考・会場
1 2012年10月2日 勝利 4R 2:04 KO クリソン・オマヤオ プロデビュー戦
2 2013年1月5日 勝利 1R 1:50 KO ガオプラチャン・チュワタナ
3 2013年4月16日 勝利 10R 1:09 TKO 佐野友樹(松田)
4 2013年8月25日 勝利 10R 判定3-0 田口良一(ワタナベ) 日本ライトフライ級タイトルマッチ
5 2013年12月6日 勝利 5R 2:51 TKO ヘルソン・マンシオ OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦
6 2014年4月6日 勝利 6R 2:54 TKO アドリアン・エルナンデス WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
7 2014年9月5日 勝利 11R 1:08 TKO サマートレック・ゴーキャットジム WBC防衛1
8 2014年12月30日 勝利 2R 3:01 KO オマール・ナルバエス WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
9 2015年12月29日 勝利 2R 1:20 TKO ワーリト・パレナス WBO防衛1
10 2016年5月8日 勝利 12R 判定3-0 デビッド・カルモナ WBO防衛2
11 2016年9月4日 勝利 10R 3:03 TKO ペッバーンボーン・ゴーキャットジム WBO防衛3
12 2016年12月30日 勝利 6R 1:01 TKO 河野公平(ワタナベ) WBO防衛4
13 2017年5月21日 勝利 3R 1:08 KO リカルド・ロドリゲス WBO防衛5
14 2017年9月9日 勝利 6R 終了 RTD アントニオ・ニエベス(英語版) WBO防衛6
15 2017年12月30日 勝利 3R 1:40 TKO ヨアン・ボワイヨ WBO防衛7
16 2018年5月25日 勝利 1R 1:52 TKO ジェイミー・マクドネル WBA世界バンタム級タイトルマッチ
17 2018年10月7日 勝利 1R 1:10 KO ファン・カルロス・パヤノ WBA防衛1 / WBSS1回戦
18 2019年5月18日 勝利 2R 1:19 TKO エマヌエル・ロドリゲス IBF世界バンタム級タイトルマッチ
IBF・リングマガジン王座獲得
WBA防衛2 / WBSS準決勝
19 2019年11月7日 勝利 12R 判定3-0 ノニト・ドネア WBAスーパー・IBF世界バンタム級王座統一戦
WBA防衛3・IBF防衛1 / WBSS決勝
20 2020年10月31日 勝利 7R 2:59 KO ジェイソン・モロニー WBAスーパー防衛4・IBF防衛2
21 2021年6月19日 勝利 3R 2:45 TKO マイケル・ダスマリナス(英語版) WBAスーパー防衛5・IBF防衛3
22 2021年12月14日 勝利 8R 2:34 TKO アラン・ディパエン WBAスーパー防衛6・IBF防衛4
23 2022年6月7日 試合前 ノニト・ドネア WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級王座統一戦

 

ノニト・ドネア「プロフィール」

基本情報
本名 ノニト・ゴンザレス・ドネア・ジュニア
通称 The Filipino Flash(フィリピンの閃光
階級 バンタム級
身長 170cm
リーチ 174cm
国籍 フィリピン
アメリカ合衆国
誕生日 1982年11月16日(39歳)
出身地 フィリピン
ボホール州タリボン
家族 グレン・ドネア(兄)
スタイル オーソドックス

軽量級離れした攻撃力をもち、強烈な左フックを武器にする。

一瞬で距離を詰めるスピードでチャンスメイク出来る技術を持っています。

基本的にオーソドックスで、サウスポーでも戦えるなど柔軟性は高い。

 

ノニト・ドネア「戦績」

  • アマチュアボクシング:76戦68勝(5KO・RSC)8敗
  • プロボクシング:48戦42勝(28KO) 6敗
日付 勝敗 内容 対戦相手 備考・会場
1 2001年2月22日 勝利 KO ホセ・ラサロ プロデビュー戦
2 2001年3月10日 敗北 判定0-3 ロセンド・サンチェス
3 2001年6月8日 勝利 判定3-0 サウル・サントーヤ
4 2001年7月3日 勝利 TKO ホセ・ルイス・トーレス
5 2002年5月31日 勝利 TKO ノエ・アルマ
6 2002年9月1日 勝利 KO カイチョン・ソー・ウォラピン WBOアジア太平洋フライ級王座決定戦
7 2002年11月2日 勝利 判定3-0 マーク・サレス
8 2003年6月27日 勝利 TKO ホルヘ・ロペス
9 2004年6月18日 勝利 TKO リカルド・バレラ
10 2004年11月12日 勝利 判定3-0 ヒルベルト・ムニョス
11 2005年5月13日 勝利 TKO パウリノ・ビジャロボス
12 2005年7月2日 勝利 判定3-0 ラリー・オルベラ
13 2005年10月1日 勝利 KO ダニエル・ゴンサレス
14 2005年11月5日 勝利 判定3-0 イルド・フリオ
15 2006年1月20日 勝利 判定2-1 カレン・ハルツニャン NABF北米スーパーフライ級王座決定戦
16 2006年7月29日 勝利 TKO ホセ・ルイス・カルデナス
17 2006年10月7日 勝利 判定3-0 オスカル・アンドラーデ
18 2007年5月12日 勝利 TKO ケビン・ハギンズ
19 2007年7月7日 勝利 TKO ビック・ダルチニアン IBF世界フライ級タイトルマッチ
IBF・IBO王座獲得
20 2007年12月1日 勝利 TKO ルイス・マルドナド IBF防衛1
21 2008年11月1日 勝利 TKO モルティ・ムザラネ IBF防衛2
22 2009年4月19日 勝利 TKO ラウル・マルチネス IBF防衛3
23 2009年8月15日 勝利 判定3-0 ラファエル・コンセプシオン WBA世界スーパーフライ級暫定王座決定戦
24 2010年2月13日 勝利 KO マヌエル・バルガス
25 2010年7月10日 勝利 TKO エルナン・マルケス WBA防衛1
26 2010年12月4日 勝利 KO ウラジミール・シドレンコ WBCアメリカ大陸バンタム級王座決定戦
27 2011年2月19日 勝利 TKO フェルナンド・モンティエル WBC・WBO世界バンタム級タイトルマッチ
WBC・WBO獲得
28 2011年10月22日 勝利 判定3-0 オマール・ナルバエス WBC防衛1・WBO防衛1
29 2012年2月4日 勝利 判定2-1 ウィルフレド・バスケス・ジュニア WBO世界スーパーバンタム級王座決定戦
30 2012年7月7日 勝利 判定3-0 ジェフリー・マゼブラ IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
IBF獲得・WBO防衛1
31 2012年10月13日 勝利 TKO 西岡利晃(帝拳) WBO防衛2
WBCダイヤモンド王座・リングマガジン認定王座獲得
32 2012年12月15日 勝利 KO ホルヘ・アルセ WBO防衛3
33 2013年4月13日 敗北 判定0-3 ギレルモ・リゴンドウ WBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
34 2013年11月9日 勝利 TKO ビック・ダルチニアン
35 2014年5月31日 勝利 負傷判定
3-0
シンピウィ・ベトイェカ WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ
36 2014年10月18日 敗北 KO ニコラス・ウォータース WBA世界フェザー級王座統一戦
37 2015年3月28日 勝利 TKO ウィリアム・プラド NABF北米スーパーバンタム級王座決定戦
38 2015年7月18日 勝利 TKO アンソニー・セトゥル
39 2015年12月11日 勝利 判定3-0 セサール・ファレス WBO世界スーパーバンタム級王座決定戦
40 2016年4月23日 勝利 TKO ゾルト・ベダク WBO防衛1
41 2016年11月5日 敗北 判定0-3 ヘスス・マグダレノ WBO陥落
42 2017年9月23日 勝利 判定3-0 ルーベン・ガルシア・エルナンデス WBC世界フェザー級シルバー王座決定戦
43 2018年4月21日 敗北 判定0-3 カール・フランプトン WBO世界フェザー級暫定王座決定戦
44 2018年11月3日 勝利 TKO ライアン・バーネット WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ
WBAスーパー・WBCダイヤモンド王座獲得 /WBSS1回戦
45 2019年4月27日 勝利 KO ステフォン・ヤング WBAスーパー防衛1/WBSS準決勝
46 2019年11月7日 敗北 判定0-3 井上尚弥 WBAスーパー・IBF世界バンタム級王座統一戦
WBAスーパー陥落/WBSS決勝
47 2021年5月29日 勝利 KO ノルディーヌ・ウバーリ WBC世界バンタム級タイトルマッチ
48 2021年12月11日 勝利 KO レイマート・ガバリョ WBC世界バンタム級王座統一戦
WBC防衛1
49 2022年6月7日 井上尚弥 WBAスーパー・IBF・WBC世界バンタム級王座統一戦

 

井上尚弥とドネア「比較」一覧

  井上尚弥 ノニト・ドネア
身長 165.2 cm 170cm
リーチ 170.6 cm 174cm
プロ戦績 22戦 22勝 (19KO) 無敗 48戦42勝(28KO) 6敗

身長やリーチの面で、数字上では有利に見えるのはドネアです。

攻守の上手さから、井上尚弥には影響は考えにくいですね。

しかし圧倒的な違いは戦績で、沢山の経験値が復活したドネアを更に強化してくるかもしれません。

 

試合ルール

【主なルールなど】

★レフェリー、ジャッジ レフェリーはマイク・グリフィン氏(カナダ)。

ジャッジはデビット・サザーランド、パトリック・モーレイ(ともに米国)、ジャン・ロベール・レーヌ(モナコ)の3氏。

 

★主なルール 採点は10点方式。

1ラウンドに何度ダウンしても深刻なダメージがなければ継続されるフリーノックダウン制。

4回終了までの偶然のバッティングで試合続行不可能となった場合は引き分け(両者防衛)。

4回が終了すれば負傷判定となる。

インスタントリプレールールを採用する。ラウンド間の電解質飲料(スポーツドリンクなど)の使用可。

 

★グローブ 井上は黒のレイジェス製8オンス、ドネアは青とオレンジのエバーラスト製8オンス。

Yahoo!ニュース

 

 

期間限定の無料トライアルはこちらから!井上尚弥VSドネア2のテレビ放送を無料視聴する方法は?Amazonがオススメの理由とは?

 

井上尚弥VSドネアの勝敗予想!『試合動画』で強さを徹底比較!

井上尚弥とドネア、それぞれの試合動画をご紹介して行きます。

過去からはどんな試合をしてきたのか、動画でチェックしておきましょう!

 

「井上尚弥」の強さがわかる試合動画をご紹介!

《井上尚弥》ボクシングWBSS準々決勝 井上尚弥 VS パヤノ 歴史に残る秒殺KO! – YouTube

 

井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス – YouTube

井上尚弥 VS ジェイミー・マクドネル WBA世界バンタム級タイトルマッチ 2018 05 25 – YouTube 

【公式】JS-SPOTS TV

 

「ノニト・ドネア」の強さがわかる試合動画をご紹介!

Елек орта мектебі

FT Nippon

joeji 48

 

井上尚弥VSドネア(井上尚弥・勝利)

joeji 48

👉井上尚弥VSドネア2の試合をテレビやスマホで無料視聴する方法はこちらから!

 

期間限定の無料トライアルはこちらから!井上尚弥VSドネア2のテレビ放送を無料視聴する方法は?Amazonがオススメの理由とは?

 

井上尚弥VSドネアの勝敗予想どっちが勝つ?戦績や動画で強さを徹底比較!まとめ

今回は『井上尚弥VSドネアの勝敗予想どっちが勝つ?戦績や動画で強さを徹底比較!』についてご紹介しました。

勝敗予想では、井上尚弥が勝利するとの予想が多かったですが、今回のドネアはどこか不気味さも感じますね!

WBA世界王者の京口紘人さんも、井上尚弥VSドネア2の勝敗予想では7:3で井上としていますが、戦績や経験値がドネアの強みでもあるとコメントしています。

再戦のリベンジに燃えるドネアか、再戦に強いとされるモンスター井上か、6月7日が見逃せませんね!

👉井上尚弥VSドネア2の試合をテレビやスマホで無料視聴する方法はこちらから!

 

期間限定の無料トライアルはこちらから!井上尚弥VSドネア2のテレビ放送を無料視聴する方法は?Amazonがオススメの理由とは?