五味隆典は強い?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか強さ徹底検証!

五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか徹底検証!

Pocket

RIZIN33『五味隆典vs那須川天心』敗予想!

wikiプロフィール戦績・さ・試合ルールは?

 

2021年12月31日の大晦日に開催される、RIZIN33で五味隆典と那須川天心の対戦カードが決まっているが、全盛期を過ぎた五味隆典の”強さ”が気になるところ。

那須川天心と言えば、YouTubや格闘技界でもかなり有名な選手であり、戦績やwikiプロフィール経歴など認知度も高いが、UFCにも参戦して過去に圧倒的な強さを誇った五味はどうでしょうか?

そこで今回は、五味隆典のwikiプロフィール経歴や戦績、実際に強いのか弱いのかを徹底調査しました。

さらに、年末の大晦日RIZIN33での試合ルールや、「五味隆典vs那須川天心」の勝敗予想、実際に2人の強さがわかる動画などをご紹介して行きます。

実は、過去に那須川天心に五味隆典がトレーニングをつけていた事もあるなど、今回の試合も絶対に見逃せませんよ!

 

U-NEXTなら31日間 無料トライアル実施中!五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか徹底検証!RIZIN33全試合を見れる!

 

 


全盛期ではない『五味隆典』の強さは?戦績やwikiプロフィールに試合動画をご紹介!

五味隆典のwikiプロフィール経歴や戦績をご紹介していきます。

年齢も高くなり全盛期ではありませんが、強さの分かる試合動画なども記載しておりますのでご参照ください。

 

五味隆典「wikiプロフィール経歴」

基本情報
本名 五味 隆典
通称 天下無双の火の玉ボーイ
The Fireball Kid
国籍 日本
生年月日 1978年9月22日(43歳)
出身地 神奈川県愛甲郡愛川町
所属 K’z FACTORY
→木口道場レスリング教室
→久我山ラスカルジム
→東林間ラスカルジム
身長 173cm
体重 70kg
リーチ 178cm
階級 ライト級
バックボーン レスリング、ボクシング
テーマ曲 SCARY -Delete streamin’ freq. from fear side-
THE MAD CAPSULE MARKETS

 

♦特徴

  • 火の玉のようなファイトスタイル、破天荒な性格から男性ファンが非常に多く、各界著名人にもファンが多い。
  • THE MAD CAPSULE MARKETSの大ファン。トランクスにロゴを入れ、PRIDE時代から入場曲に「SCARY -Delete streamin’ freq. from fear side-」を使用している。
  • 矢沢永吉とマニー・パッキャオを尊敬している。
  • マネージャーは中学からの親友・市川広樹。『Abaddon』でも登場。

 

♦経歴

五味 隆典(ごみ たかのり)は総合格闘家で、神奈川県愛甲郡愛川町出身です。

東林間ラスカルジム主宰に所属しており、PRIDE GP 2005ライト級トーナメント優勝や、元PRIDEライト級王者、元修斗世界ライト級王者など多くのタイトルを誇示してきました。

KO勝利にこだわるアグレッシブな試合が持ち味で、本人は『スカ勝ち』とも言っています。

 

五味はなんと、中学時代は野球部でピッチャーをしていました。

野球をやめた後にテレビでボクシングを見て、直感的に格闘技が自分の進むべき道だと気づいたそうです。

そして入学する高校が決まると相模原ヨネクラボクシングジムに入門し、格闘技の道に進み始めました。

本人は「何も挑戦しないまま人生終えるのが嫌だと思ってボクシングに挑戦した」と語っていますね。

16歳の時、木口道場レスリング教室に入門し、木口宣昭会長のもとでレスリングを学び、総合格闘技を始めましたが、ファイターとして生計を立てたくなり、高校を1年で中退してしまう。

すると、五味には警察官になって欲しかった父親との仲が悪くなってしまい、なんと縁を切られることに。

1998年11月、修斗にてプロデビュー、以降連勝を続けました。

2001年8月26日にウェルター級王座決定戦を三島☆ド根性ノ助と行う予定であったが、三島の左脇腹の負傷により中止となり、以降の12月16日に修斗ウェルター級(-70kg)王座決定戦で佐藤ルミナに3-0の判定勝ちとなり王座獲得。

2002年はレオナルド・サントス、クリス・ブレナンに判定勝ちした後、12月14日には前年に中止となった三島☆ド根性ノ助戦を迎え、2Rにフックでダウンを奪い、その後タックルにきた三島にパンチを浴びせTKO勝ちを収め、初防衛に成功。

それからは、2003年8月10日にヨアキム・ハンセンに敗れ、デビュー以来の連勝は13でストップ、ウェルター級王座からも陥落してしまう。

同年の10月10日、ハワイで開催されたRumble on the Rock 4の世界ライト級王座決定戦でBJ・ペンと対戦するも、何度もバックマウントを取られパンチを浴び、最後はチョークスリーパーで一本負けを喫し王座獲得に失敗におわっている。

 

「戦績」をご紹介!

戦績としては「36勝15敗」となっており、16試合が判定勝利ですね。

総合格闘技 戦績
52 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
36 勝 14 6 16 0 0 1
15 敗 4 8 3 0

 

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名
メルヴィン・ギラード 1R 2:33 KO(スタンドパンチ) RIZIN.11
× 矢地祐介 1R 2:36 三角絞め RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND
× ’’マエストロ’’キム・ドンヒョン 1R 1:30 TKO (パウンド) UFC Fight Night: Saint Preux vs. Okami
× ジョン・タック 1R 1:12 リアネイキッドチョーク UFC Fight Night: Holm vs. Correia
× ジム・ミラー 1R 2:18 TKO(パウンド) UFC 200: Tate vs. Nunes
× ジョー・ローゾン 1R 2:37 TKO(パウンド) UFC on FOX 16: Dillashaw vs. Barao 2
× マイルズ・ジュリー 1R 1:32 TKO(右ストレート→パウンド) UFC Fight Night: Hunt vs. Nelson
アイザック・ヴァリーフラッグ 5分3R終了 判定3-0 UFC 172: Jones vs. Teixeira
× ディエゴ・サンチェス 5分3R終了 判定1-2 UFC on Fuel TV 8: Silva vs. Stann
マック・ダンジグ 5分3R終了 判定2-1 UFC on Fuel TV 6: Franklin vs. Le
光岡映二 2R 2:21 TKO(パウンド) UFC 144: Edgar vs. Henderson
× ネイト・ディアス 1R 4:27 腕ひしぎ十字固め UFC 135: Jones vs. Rampage
× クレイ・グイダ 2R 4:27 ギロチンチョーク UFC 125: Resolution
タイソン・グリフィン 1R 1:04 KO(右フック) UFC Live: Jones vs. Matyushenko
× ケニー・フロリアン 3R 2:52 チョークスリーパー UFC Fight Night: Florian vs. Gomi
トニー・ハービー 5分5R終了 判定3-0 VALE TUDO JAPAN 09
中蔵隆志 2R 4:42 TKO(パウンド) “修斗伝承 ROAD TO 20th ANNIVERSARY FINAL”
× 北岡悟 1R 1:41 アキレス腱固め 戦極の乱2009
【戦極ライト級チャンピオンシップ】
× セルゲイ・ゴリアエフ 5分3R終了 判定1-2 戦極 〜第六陣〜
ハン・スーファン 5分3R終了 判定3-0 戦極 〜第四陣〜
ドゥエイン・ラドウィック 1R 2:28 TKO(ドクターストップ) 戦極 〜第一陣〜
ニック・ディアス 無効試合(薬物検査失格) PRIDE.33 “THE SECOND COMING”
石田光洋 1R 1:14 KO(左ストレート→パウンド) PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-
マーカス・アウレリオ 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の十三-
【PRIDEライト級タイトルマッチ】
デビッド・バロン 1R 7:10 チョークスリーパー PRIDE 武士道 -其の十二-
× マーカス・アウレリオ 1R 4:34 肩固め PRIDE 武士道 -其の拾-
桜井”マッハ”速人 1R 3:56 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-
【ライト級トーナメント 決勝】
ルイス・アゼレード 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント 準決勝】
川尻達也 1R 7:42 チョークスリーパー PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント 1回戦】
ジーン・シウバ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の八-
ルイス・アゼレード 1R 3:46 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE 武士道 -其の七-
ジェンス・パルヴァー 1R 6:21 KO(左アッパー) PRIDE 男祭り 2004 -SADAME-
チャールズ・”クレイジー・ホース”・ベネット 1R 5:52 チキンウィングアームロック PRIDE 武士道 -其の伍-
ファビオ・メロ 1R 8:07 TKO(パウンド) PRIDE 武士道 -其の四-
ハウフ・グレイシー 1R 0:06 KO(グラウンドの膝蹴り) PRIDE 武士道 -其の参-
ジャドソン・コスタ 1R 4:55 TKO(マウントパンチ) PRIDE 武士道 -其の弐-
× BJ・ペン 3R 2:35 チョークスリーパー Rumble on the Rock 4
× ヨアキム・ハンセン 5分3R終了 判定0-2 修斗 世界三大チャンピオンシップ
【修斗世界ウェルター級チャンピオンシップ】
ニック・アートル 1R 4:59 腕ひしぎ十字固め 修斗
三島☆ド根性ノ助 2R 0:52 TKO(パウンド) 修斗
【修斗ウェルター級チャンピオンシップ】
クリス・ブレナン 5分3R終了 判定3-0 修斗 TREASURE HUNT 10
レオナルド・サントス 5分3R終了 判定2-0 修斗 TREASURE HUNT 07
佐藤ルミナ 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP -THE FINAL ACT-
【修斗ウェルター級王座決定戦】
ライアン・ボウ 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜
ポール・ロドリゲス 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜
アンデウソン・パヴァオン 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 〜2000 SHOOTO〜
ジョニー・エドゥアウド 3R 1:43 スリーパーホールド VALE TUDO JAPAN ’99
桑原卓也 5分3R終了 判定3-0 IV 修斗 the Renaxis 1999
ステファン・パーリング 1R 3:06 スリーパーホールド SuperBrawl 12
桑原卓也 5分3R終了 判定3-0 II 修斗 the Renaxis 1999
高田和道 2R 3:42 TKO(パンチ連打) 修斗 the Renaxis 1999 “Devilock Fighters”
鶴屋浩 5分2R終了 判定3-0 修斗 Las Grandes Viajes 6

 

グラップリング

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 桜庭和志 5分終了 1-2 QUINTET FIGHT NIGHT4 in AKITA 秋田ねわざ祭 2019 2019年11月30日
× 細川顕 ポイント0-4 プロフェッショナル柔術GROUND IMPACT 2015年10月11日
中倉三四郎 延長戦 ポイント2-0 ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 決勝】
2011年2月27日
松本光史 ポイント6-0 ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 準決勝】
2011年2月27日
山田哲也 ポイント7-0 ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 2回戦】
2011年2月27日
山本龍之介 ポイント2-(-1) ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 1回戦】
2011年2月27日
× シェーン・ローラー 1R 5:30 チョークスリーパー Grapplers Quest at UFC Fan Expo Vegas 2010 2010年5月29日
宇野薫 5分3R終了 判定59-56 G.C.M The CONTENDERS 6 2001年10月8日
星野勇二 5分2R終了 判定40-37 G.C.M The CONTENDERS「Millennium-1」 2001年6月10日
× マット・セラ チョークスリーパー ADCC 2001
【77kg未満級 1回戦】
2001年4月11日
× 三宅靖志 5分2R終了 判定27-28 G.C.M.「CONTENDERS II」 1999年10月17日

 

♦スタンディングバウト

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
那須川天心 試合前 RIZIN.33 2021年12月31日
皇治 判定2-0 RIZIN.26 2020年12月31日

 

獲得タイトル・受賞歴

♦獲得タイトル

  • コンバットレスリング 69kg級 3位(1998年)
  • コンバットレスリング 69kg級 優勝(2001年)
  • コンバットレスリング 74kg級 優勝(2002年)
  • コンバットレスリング 74kg級 優勝(2003年)
  • 第5代修斗世界ウェルター級王座(2001年)
  • PRIDE GP 2005ライト級トーナメント 優勝(2005年)
  • 初代PRIDEライト級王座(2006年)
  • コンバットレスリング 73kg級 優勝(2007年)
  • ADCC ASIA TRIAL 2011 77kg未満級 優勝(2011年)

 

♦受賞

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • PRIDE MVP(2005年)
  • PRIDE ベストバウト(2005年)
  • SHERDOG ファイター・オブ・ザ・イヤー(2005年)
  • SHERDOG 殿堂入り(2014年)

 

五味隆典の強さがわかる「試合動画」

RIZIN/公式YouTube

ブンブン振り回すパンチの威力はすごいですね!

矢地祐介には負けたものの、大きな相手にもかなりのパワーを魅せ付けました!

 

U-NEXTなら31日間 無料トライアル実施中!五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか徹底検証!RIZIN33全試合を見れる!

 

神童『那須川天心』の強さは?戦績やwikiプロフィールに試合動画をご紹介!

続いて、那須川天心のwikiプロフィール経歴や戦績、強さが分かる試合動画なども記載しておりますのでご参照ください。

神童とも言われ、圧倒的な強さを誇ってきたが、体格差のあるメイウェザーとの試合では恐怖を覚えながら敗北したが、今回の五味との試合はどの様なパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。

 

那須川天心「wikiプロフィール経歴」

基本情報
生年月日 1998年8月18日(23歳)
出身地 千葉県松戸市
職業 キックボクサー
総合格闘家
YouTuber
身長 165 cm (5 ft 5 in)
体重 57kg

バンタム級フェザー級RISE
スーパーバンタム級フェザー級ムエタイ
フライ級総合格闘技

公式サイト Twitter 那須川 天心
那須川天心 オフィシャルウェブ
Instagram 那須川天心 Tenshin Nasukawa
YouTube
別名 神童
チャンネル
活動期間 2020年6月4日 –
ジャンル エンターテインメント
登録者数 72万人
総再生回数 105,010,840回
事務所(MCN) TARGET/Cygames
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年2月27日時点

 

那須川 天心(なすかわ てんしん)は日本のキックボクサー、総合格闘家であり、YouTuber、歌手と多彩な活動を展開。

TARGET/Cygames所属しており血液型はB型。

『神童』や『キックボクシング史上最高の天才』などと称され、得意のストレートは『ライトニング・レフト』と呼ばれている。

RISE世界フェザー級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者、ISKAフリースタイルルール世界フェザー級王者、元RISEバンタム級王者、RISE2階級制覇王者、ISKA世界2階級制覇王者など、凄まじい活躍をしています。

当時は弱虫だった那須川に、礼儀をしっかり身につけさせるため父親の勧めで5歳の時に極真空手を始めました。

最初の頃は嫌々で、稽古の途中で道場から逃げ出すこともあったそうですが、幼稚園の時に初めて出場した大会で負けると、中途半端が嫌いな父親が自宅での特訓を開始。

それをきっかけに那須川の格闘技漬けの生活が始まったのです。

 

「戦績」をご紹介!

♦キックボクシング

キックボクシング 戦績
40 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
40 勝 28 12 0 0 0
0 敗 0 0 0

 

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名
武尊 試合前 未定
鈴木真彦 3分3R終了 判定3-0 RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA
志朗 3分3R終了 判定3-0 RISE ELDORADO 2021
クマンドーイ・ペットジャルーンウィット(英語版) 3分3R終了 判定3-0 RIZIN.26
裕樹 2R 2分56秒 TKO 飛び膝蹴り RISE DEAD OR ALIVE OSAKA
皇治 3分3R終了 判定3-0 RIZIN.24
笠原友希 1R 1分30秒 KO(3ダウン:右フック) RISEonABEMA
江幡塁 1R 2分46秒 KO(3ダウン) RIZIN.20
志朗 3分3R終了 判定3-0 RISE WORLD SERIES 2019 Final Round
【RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 決勝】
スアキム・PKセンチャイムエタイジム 3R 1分13秒 TKO(ドクターストップ) RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round
【RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 準決勝】
マーティン・ブランコ 2R 2分19秒 KO(3ダウン) RIZIN.16
【ISKA世界フェザー級タイトルマッチ】
フリッツ・ビアグタン 3R 1分24秒 TKO (レフェリーストップ) RIZIN.15
フェデリコ・ローマ(英語版) 3R 1分35秒 KO (左ハイキック) RISE WORLD SERIES 2019 1st Round
【RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 1回戦】
内藤大樹 1R 1分59秒 TKO(3ダウン) RISE 129
堀口恭司 3分3R終了 判定3-0 RIZIN.13
ロッタン・ジットムアンノン 5R+延長1R終了 判定3-0 RISE 125
【RISE世界フェザー級王座決定戦】
中村優作 2R 1分42秒 TKO(3ダウン) RIZIN.10
スアキム・シットソートーテーウ 5R終了 判定3-0 KNOCK OUT FIRST IMPACT
藤田大和 1R 1分27秒 TKO (3ダウン:左ストレート→左膝蹴り) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND
【RIZIN KICK ワンナイトトーナメント 決勝】
浜本”キャット”雄大 2R 1分58秒 KO (跳び膝蹴り) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND
【RIZIN KICK ワンナイトトーナメント 準決勝】
イグナシオ・カプロンチ 3R 1分15秒 KO(膝蹴り) RISE 121
ウィサンレック・MEIBUKAI 3R 2分45秒 TKO(ドクターストップ) KNOCK OUT vol.4
ライアン・シェーハン 1R 1分12秒 KO (左ボディストレート) RISE 117
【ISKAオリエンタルルール世界バンタム級タイトルマッチ】
アムナット・ルエンロン 4R 2分39秒 KO(左ボディフック) KNOCK OUT vol.1
ワンチャローン・PK・センチャイムエタイジム 1R 2分23秒 TKO(左バックスピンキック) KNOCK OUT vol.0
村越優汰 5R終了 判定2-0 RISE 113
【RISEバンタム級タイトルマッチ】
リン・ビン 1R 1分10秒 KO(膝蹴り) KUNLUN FIGHT 49×REBELS.45
タリック・トッツ 2R 1分49秒 KO(三日月蹴り) RISE 111
フレッド・コルデイロ 5R 判定3-0 RISE 110
【ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座決定戦】
宮元啓介 2R 0分26秒 KO(左飛び膝蹴り) NO KICK NO LIFE 2016
マノリス・カリシス 3R終了 判定3-0 RISE 109
マイク・アラモス 1R 1分31秒 KO(膝蹴り) RISE 108
内藤大樹 1R 1分41秒 KO(左ストレート) BLADE.2
【BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015 決勝】
小笠原裕典 3R 0分44秒 KO(左フック) BLADE.2
【BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015 準決勝】
鈴木真彦 1R 1分46秒 KO(左フック) BLADE.2
【BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015 1回戦】
村越優汰 2R 1分31秒 TKO (パンチ連打) RISE 105
【RISEバンタム級タイトルマッチ】
藤本昌大 1R 2分06秒 KO (左フック) RISE 104
キム・ジンミン 1R 1分40秒 KO (左膝蹴り) BLADE 1-BLADE FIGHTING CHAMPIONSHIP-BLADE FC JAPAN -61kg
九島亮 3R終了 判定3-0 RISE 102
アレクサンドロ・ヒデオ 1R 2分42秒 KO (左膝蹴り) RISE 101
有松朝 1R 0分58秒 KO (左ハイキック) RISE 100〜BLADE 0〜

 

♦プロ総合格闘技

総合格闘技 戦績
4 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
4 勝 2 1 1 0 0 0
0 敗 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名
藤田大和 5分3R終了 判定3-0 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -秋の陣-
フランシスコ・ギリオッティ 1R 1:07 TKO(左ストレート→パウンド) RIZIN 2017 in YOKOHAMA -SAKURA-
カウイカ・オリージョ 2R 0:37 ニンジャチョーク RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント FINAL ROUND
ニキータ・サプン 1R 2:47 KO(パウンド) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND

 

 

♦ミックスルール

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 勝 1 0 0 0 0 0
0 敗 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名
才賀紀左衛門 1R 1:36 KO (左ストレート) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -夏の陣-

 

 

 

獲得タイトル

♦極真空手(松井派)

  • 2009国際青少年空手道選手権大会10歳男子-40kgの部 優勝
  • 極真空手ジュニア世界大会2009 優勝

 

♦アマチュアキックボクシング

  • KAMINARIMON-35kg級王者
  • Bigbang 50kg級王者
  • Bigbang 60kg級王者
  • 全世界アマチュアムエタイ金メダル
  • ムエロークジュニアトーナメント 2010 優勝
  • M-1ムエタイチャレンジ40kg級王者
  • M-1ムエタイチャレンジ45kg級王者
  • M-1ムエタイチャレンジ50kg級王者
  • 初代MAキック Jr. 42kg級王者
  • 藤原敏男杯 2012 全国大会 50kg級 優勝
  • 藤原敏男杯 2013 全国大会 55kg級 優勝
  • その他多数

 

♦プロキックボクシング

  • 第6代RISEバンタム級王座
  • BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015 優勝
  • ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座(2016年)
  • RIZIN KICK ワンナイトトーナメント2017 優勝
  • 初代RISE世界フェザー級王座
  • ISKAフリースタイルルール世界フェザー級王座(2019年)
  • RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 優勝(2019年)

 

那須川天心の強さがわかる「試合動画」

ABEMA/公式YouTube

RISE/公式YouTube

やはり全盛期で勢いに乗る那須川天心の強さは本物ですね!

どんな苦しい試合でも絶対に気力で負けていません!

 

U-NEXTなら31日間 無料トライアル実施中!五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか徹底検証!RIZIN33全試合を見れる!

 


試合ルールは?RIZIN33『五味隆典vs那須川天心』勝敗予想!

RIZIN33「試合ルール」をご紹介!

総合格闘技RIZINは2021年12月25日、都内で会見を開き、31日開催の33大会(さいたまスーパーアリーナ)でRISE世界フェザー級王者の那須川天心(23)と、元PRIDEライト級王者の五味隆典(43)の世代と階級を超えたドリームマッチを発表しました。

その際に明かされたのが『パンチのみの立ち技特別ルール』で対戦すると発表されましたね。

3分2Rのスタンディングバウト特別ルール(攻撃はパンチのみ)エキシビションで行われ、決着はKOまたはTKOのみで判定は無しとなりました。

 

身長や体重に年齢とスピードで勝敗が決まる?

身長は那須川が「165cm」で、五味が「170cm」と差は5センチになります。

体重は57kgほどの那須川と、76kg超えになる五味では20㎏ほどの差がありますね。

身長や体重の体格差を考慮したものですが、パンチの重さがある五味は那須川を追い詰めるでしょうか。

はたまた那須川のスピードやテクニックと当て感が勝るのか楽しみな試合です!

 

少し長文にはなりますが、以下でRIZIN33に関する那須川と五味のやり取りをご紹介していますので、興味のある方はご参照ください。

ニュース抜粋

意外な相手との顔合わせとなったが、これは那須川の方から五味の名前があがったことで実現に至ったという。

那須川は会見で「公式戦のつもりで2カ月前から調整していたんですが、相手が見つからないというか、オファーしても断られてしまうという。

ちょっと悲しくはなったんですけれど、そういう時に五味さんがオファーを受けてくださって。

五味さんとなら最高の引退ができるというか。

僕がまさかRIZINでPRIDEを体験できると思っていなかったので興奮していますし、やってきた思いを全て五味さんにぶつけたいと思っています」と、やる気は十分。

五味は那須川戦のオファーがあった時は「2週間前だったので、お客さんに見せられる動きが出来るかなって想いがあったんじゃないですかね。

ただ、こういった機会を…やっぱり格闘技をやる人だったら大晦日のリングに立ちたい想いがあると思うので、エキシビションという形ですが、立てる機会があるなら立ちたいですよね」と、大晦日だからこそ引き受けたとした。

パンチのみのルールになったことに五味は「僕が格闘技を始めたきっかけがボクシングだったので、凄くそういったものは嬉しいですし、天心もRIZINの大きな試合を終えればボクシングに転向するってことで、そういった意味ではスタンディングバウトはやりやすい。

今できる唯一の形かなって思いがあります」、那須川も「五味さんとならどのルールでも戦えることに光栄だと思って、このルールでやります」と、両者異存はない。

RIZINラストマッチがキックルールではなかったことをどう受け止めているかと聞かれた那須川は、「もちろんキックでやりたいのはありましたけれど、もうやれる相手もいないので仕方ないなと思いました。

でも、僕のRIZINはMMAルールでスタートしているので、最終的にはどのルールでも戦えればいいと思っていました」と、ラストマッチをこの大晦日にやることが重要だったとした。

契約体重はどうなるのかとの質問に、榊原CEOは「ガチガチに契約体重は作っていません。階級をはるかに超えていますので。多分、五味さんは77~78kgで来るんじゃないですかね。天心は自由な体重でということになるので、階級を超えた異次元マッチになります」と、特に契約体重は設けないとする。

グローブハンディについては「これからですが、体格差があるのでグローブハンディがあった方がいいかなと思っています。

天心からするとメイウェザーと同じくらいの当日の体重差があるんじゃないかなと思いますね。

あの時は嫌々でしたが、メイウェザーもグローブハンディを飲んでくれたので五味さんも飲んでくれるかな」と、ハンディは付ける予定のようだ。

榊原CEOが「五味さんは逆に自分の方にグローブハンディをくれって言ってます」と明かすと、五味は「腕が重いんですから。

グローブが大きければ大きいほど腕が上がらないですから。天心が『五味さん、ヘッドギア付けた方がいいんじゃないですか』って言ってくれると思っているんだけれど。

去年、俺が言ったことを待ってるんだけれど(笑)」と言って場内を笑いで包んだ。

それだけの体重差(那須川は通常の試合では55~57.5kg)があるが那須川は「怖くないと言ったら嘘になりますが、怖いけれど楽しみな部分の方が大きいですね。そこはあまり考えてないです」と、それほど気にしてはいないとする。

五味は「正直80kg前後でいつも総合の選手に指導してますから。自分より大きな相手を受け止めて練習しないといけないので。(減量を始めて)たった1週間なんですけれど、昨日は76.5kgです、頑張って。汗をかいたところで動きがよくなるかと言ったらまた別の問題なので。今日まで一気に落として、日曜日までやりますけれど、75kgを切ればいいパフォーマンスが出来るかって言ったらそれもまた微妙。ただやっぱり絞れるところまで絞ってという想いがあります」と、絞れるところまでは絞るとした。

「パフォーマンスだったり、動きもそうですし、僕がKOした時にコーナーへ上がったりするのは五味さんの真似していますし、いい試合をしたらやっていいよって言われたのでやっています。そういった部分を含めてですね」と五味への憧れがあったという那須川。

「格闘家の中でもそうですし、僕の中でも大晦日といえば五味さんというイメージがあると思うし。戦うにおいてはエキシビションというのもありますし、思い切りぶつかっていこうと。それしか考えてないです。技術とかっていうのも大事かもしれないですけれど、そういうところではないなって部分も多少はあります」と、思い切りぶつかることがテーマのようだ。

この試合で伝えたいメッセージはあるかと聞かれた那須川は、「若い子にはいろいろなことに挑戦してもらいたいなっていうのは、(自分が)身体で体現していると思うので。なんだかんだみんな保守的になると思うので、失敗を失敗と思わなければ失敗じゃないので、攻め続けて欲しいなって常に思っています。何かに飛び込まないと賛否も生まれないと思いますし、何かにチャレンジしないと成功も失敗もない。そこは僕が昔から思っていることで、そこがブレたら負けだなと思うので、そこブレてないでやっています」と、自分がMMAに挑戦したり、メイウェザーに挑戦したりしたように、チャレンジして欲しいと話した。

また、「大晦日に判定? 駄目だよ、KOじゃなきゃ!」との名言がある五味に、今回もKOを狙うかと聞くと「そのつもりで行かないと、そんな打って来いよなんて言える余裕は…スピードについていけるかどうか分からないところがあるので。それくらいの気持ちでやらないと難しいかなと思いますね。体重差というよりは動体視力とかね、そういったものが差があると思うので、どうやってやろうかなという感じです」と、“KOするつもり”で行くとした。

それに那須川も「僕も倒すつもりでいきたいと思います」と笑って答えた。

ハイテンションで何度も会見場に笑いを起こした五味だが、最後には「いま一番元気のあるファイター・那須川天心と20年近く前に何とか頑張っていた選手とリングで向かい合えるということで、その当時見ていてくれた人も応援してくれるでしょうし、頑張ってる姿を見せられたらなって想いがあります。あと最近は暗いニュース、コロナもそうですし怖いニュースやネガティブなニュースが多いので、2人で頑張って世代は違いますけれど思い切り盛り上げることが出来たらと思っています。それで思い切り楽しんでいただいて、少しでも明るい気持ちになっていただければと思います」と、この対戦のテーマを掲げた。

那須川も「大晦日ですし、お祭りなのでいろいろな人に見てもらいたいですね。これを見て元気だったり、俺も何かやってやろうと思ってもらえるように戦うしかない。その姿を見て何かアクションを起こしてほしいと思います」と、体重差のある2人の戦いでメッセージを伝えられたら、と語った。

 

五味隆典との対戦は「メイウェザー」を彷彿させる?

RIZIN/公式YouTube

やはり身長や体重差で言えば、フロイドメイウェザーとの試合いが記憶に新しいですね。

那須川は信じられないほど、メイウェザーのパワーと技術に圧倒されました。

今回の大晦日ではどの様な試合になるのか気になりますね。

 

「五味隆典vs皇治」と「那須川天心vs皇治」を比較

RIZIN/公式YouTube

RIZIN/公式YouTube

打たれ強さを誇っている”皇治”との試合を比較してみましたが、五味は結構相手の攻撃を貰っている印象でしたね。

那須川は比較的、スピードやテクニックと当て感で皇治押し切っていました。

やはりパワーで言えば五味、スピードとテクニックとなれば那須川の勝利予想でしょう。

目の良い那須川天心には、もしかすると五味のパンチは当たらないとまで言われていますね!

勝敗予想は那須川が優勢と見られています。

 

SNSの反応・世間の下馬評まとめ

大晦日RIZIN33「五味隆典vs那須川天心」に関する世間の下馬評をまとめてみましたのでご参照ください。

当初予定されていた吉成選手が那須川天心との試合を断ったことで実現した対戦カードですね!

ある意味ファンとしては結果オーライ?

やはり、メイウェザーの記憶が残っているファンも多いようですね。

五味さんも那須川さんもユニークですね。

大晦日RIZIN33は、この2人が会場を大いに盛り上げてくれるでしょう!

生放送枠を取れたのは五味さんにとっても大きいですね!

良い試合を期待しましょう!

沢山のファンがいる五味隆典さんと、那須川天心さん。

絶対に見たい対戦カードですので、当日はみんなで応援しましょう!

 

U-NEXTなら31日間 無料トライアル実施中!五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか徹底検証!RIZIN33全試合を見れる!

 

RIZIN33「会見後」動画

那須川天心/公式YouTube

 

五味隆典に鍛えられる那須川天心

五味隆典/公式YouTube

那須川天心/公式YouTube

実は結構と言えるほど面識がある2人なのですよ。

過去に五味隆典が那須川天心を、自身活動するジムに誘っており、トレーニングを付けていましたので、今回の対戦は師弟関係にあるかもしれませんね!

当時から格闘技界では、五味隆典のことを兄貴分や、憧れのスターとして尊敬している人が多く、那須川天心もその1人です。

▼五味隆典のジムはこちら

総合格闘技ジム五味隆典 東林間ラスカルジム TOP (rsclgym.com)

 

合わせて読みたい「RIZIN33」関連記事!

シバターvs久保優太は八百長?LINEのやらせをバラしたのは嫁サラの兄?

RIZIN33速報結果や動画!対戦カードや生放送日程と時間にTwitterユーチューブまとめ

シバターvs久保優太を予想!戦績やRIZIN試合結果動画なんjから徹底検証!

斎藤裕は強い?朝倉未来と予測どっち勝つか下馬評や戦績から解説!

朝倉未来vs斎藤裕の見逃し配信や再放送ある?RIAIN33放送時間は何時から?

 瀧澤謙太は弱い?戦績やwikiプロフィール経歴で朝倉海と強さを徹底検証!

関根シュレック秀樹は弱い?戦績や身長に年齢wikiプロフィール経歴を徹底調査!

 

五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっち勝つか徹底検証!まとめ

2021年12月31日の大晦日に開催される、RIZIN33で五味隆典と那須川天心の対戦カードが決まり、全盛期を過ぎた五味隆典の”強さ”が気になったので、wikiプロフィール経歴や戦績、実際に強いのか弱いのかを徹底調査しました。

一方の那須川天心と言えば、YouTubや格闘技界でもかなり有名な選手であり、戦績やwikiプロフィール経歴など認知度も高いが、実は五味隆典にトレーニングを付けてもらっていたなど、仲良しな2人でしたね!

今回の試合ルールは「スタンディングバウト特別ルール(攻撃はパンチのみ)」となりました。

身長や体重では那須川天心vsメイウェザーを彷彿させますが、勝敗予想では年齢などを考慮してみると、スピードやテクニックで那須川が勝つのではとの予想になりましたね。

師弟関係の2人が対戦する大晦日RIZIN33が見逃せません!

以上、「五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか徹底検証!」のご紹介でした!

 

U-NEXTなら31日間 無料トライアル実施中!五味隆典の強さは?戦績や試合ルールで那須川天心どっちが勝つか徹底検証!RIZIN33全試合を見れる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。